スポンサード・リンク

O(≧∇≦)O血液腹膜透析と適応疾患状態の話


「血液腹膜透析と適応疾患状態」の画像検索結果

(^J^)題名:血液腹膜透析と適応疾患状態の話

●透析導入基準

保存的治療では、改善できない慢性腎機能障害、臨床症状、日常生活能の障害を呈し、以下のⅠ~Ⅲ項目の合計点数が原則として、60点以上になった時に長期透析療法への導入適応とする。

Ⅰ.腎機能

血清クレアチニン:mg/dl(クレアチニンクリアランス:ml/分)

点数

8以上(10未満)

5~8未満(10~20未満)

3~5未満(20~30未満)

30

20

10

Ⅱ.臨床症状

①体液貯留(全身性浮腫、 高度の低蛋白血症、肺水腫)

②体液異常(管理不能の電解質・酸塩基平衡異常)

③消化器症状(悪心、嘔吐、食思不振、下痢など)

④循環器症状(重篤な高血圧、心不全、心包炎)

⑤神経症状(中枢・末梢神経障害、精神障害)

⑥血液異常(高度の貧血症状、出血傾向)

⑦視力障害(尿毒症性網膜症、糖尿病性網膜症)

上記の①~⑦項目のうち3項目以上あるものを高度(30点)、2項目を中等度(20点)、1項目を軽度(10点)とする。

Ⅲ.日常生活障害度

尿毒症症状のため起床できないものを高度(30点)、日常生活が著しく制限されるものを中等度(20点)、通勤、通学あるいは家庭内労働が困難となった場合を軽度(10点)とする。ただし、年小者(10歳以下)、高齢者(65歳以上)あるいは高度な全身性血管障害を合併する場合、全身状態が著しく障害された場合などはそれぞれ10点加算すること。

■血液透析の適応

・慢性腎不全の尿毒症症状

・急性腎不全の尿毒症症状

 

●腹膜透析

血液透析と違い、24時間連続的に透析を行うため、急激な組成の変化が無く、生体の恒常性を保てる。したがって、

・循環動態の不安定な心疾患合併患者

・高齢者

・成長途上の小児

に適していると考えられる。

「血液腹膜透析と適応疾患状態」の画像検索結果

(・_・;)参考文献

医療学習レポート.血液腹膜透析と適応疾患状態


スポンサード・リンク