スポンサード・リンク

(。・ω・。)肺炎の話


「肺炎」の画像検索結果

(^o^)題名:肺炎の話

 肺胞(肺実質)を主体とした炎症であり、肺胞腔内の炎症性細胞浸潤を主徴とする。一方、肺胞周囲の間質を主体としたものは間質性肺炎とよばれる。一般的に肺炎という場合には前者の肺胞性肺炎をさし、種々の微生物の感染が原因となる。

原因微生物による分類

ウイルス性肺炎

インフルエンザ肺炎、麻疹肺炎、

細菌性肺炎

肺炎球菌性肺炎、ブドウ球菌性肺炎、クレブシエラ肺炎、レジオネラ肺炎、嫌気性菌肺炎

その他

マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎、真菌性肺炎、原虫性肺炎、寄生虫性肺炎、

発症機序による分類

誤嚥性肺炎、沈下性肺炎、転移性肺炎、医原性肺炎がある。

症状

 発熱、全身倦怠感、食欲不振などの全身症状と咳、痰、胸痛、呼吸困難などの呼吸器症状がみられる。

検査

  1. 血液検査
  2. 胸部X線、CT
  3. 喀痰検査
  4. 呼吸機能検査

治療

  1. 原因菌を確定して抗生物質療法
  2. 痰喀出困難に対する対症療法
  3. 乏尿、脱水に対する処置、電解質の補正
  4. 低酸素血症に対する酸素療法などが必要となる。呼吸性アシドーシス、高炭酸ガス血症では人工呼吸管理を行う

看護計画

Ⅰ.病態アセスメント

 急性期は、心身の安静を保ち、エネルギーの消耗を最小限に抑え合併症の併発を防ぐとともに、苦痛の緩和が大切である。回復期には、再発予防のための日常生活の調整が重要である。

「肺炎」の画像検索結果

(・.・;)参考文献

医療学習レポート.肺炎


スポンサード・リンク