スポンサード・リンク

(。・ ω<)ゞP-Fスタディの話


( ´ ▽ ` )ゞ題名:P-Fスタディの話

絵画欲求不満テストと呼ばれる投影法による性格検査である。

4歳以上に適用され、児童用、青年用・成年用がある。

2人の人物が描かれた24枚の絵があり、欲求不満を起こさせるような場面、相手の発言に対して、もう一方の人物がどう返答するかを被験者が噴出しに書き入れるというものである。

24の場面の内容は、人為的、非人為的な障害によって直接自我が阻害されている自我阻害場面と、欲求不満の原因が自已にあって、他者から非難されている超自我阻害場面に大別できる。

被験者の反応語は、攻撃の型(障害優位・自我防衛・欲求固執)と方向(他責・自責・無責)の2つの次元から評定される。

その人を総合的に判断していくテストである。

(´・ω・`)参考文献

実習対策レポート.P-Fスタディ


スポンサード・リンク