スポンサード・リンク

(。・o・)虫垂炎と看護計画の話


(+o+)題名:虫垂炎と看護計画の話

 虫垂炎は虫垂の炎症で、原因としては1)腸内感染説、2)血行感染説、3)食事性酵素説、4)アレルギー説、5)ヒスタミン説、などの諸説があるが未だ決定的ではない。起炎菌としては腸内細菌があげられる。
臨床的症候の発現後6時間後初感染の変化を呈するが、肉眼的には漿膜面に軽度の充血がある。粘膜面には腫脹および軽度の充血にすぎず、詳細にみれば1個または数個の小点状、暗赤色部を認め、粘膜ヒダ深部にきわめて軽微の上皮剥脱あり、その部に白血球腺維塊をみる。この初感染巣を頂点として楔形に漿膜に向かって筋肉層の組織間を通り、急速に強い白血球浸潤、浸出が進んでいき蜂巣織炎期に移行する。

 合併症として、穿孔性腹膜炎が最も多く、その他イレウス、肝膿瘍、腎孟炎などが起こり安いため、穿孔や腹膜炎の症状を注意深く観察する必要がある。

●症状

 腹部痛

上腹部及び臍周囲の腹痛を訴え漸次回盲部に限局し、またときには最初から回盲部に腹痛を訴える。

 消化機能

嘔吐、食欲不振、便秘と排ガスの欠如

 身体所見

 微熱

39度を越えない

 腹部

回盲部における圧痛点にはマックバーネ点、ランツ点、キュンメル点などがあり、疼痛特殊症状としてはブルンベルグ徴候(回盲部を少しづつ深く圧し手を急に離す時に疼痛がある)、ロプシング症状(下行結腸を圧し、大腸ガスを盲腸に逆行せしめる時回盲部に疼痛を発する)、ローゼシュタイン症状(左足でマックバーネ点を圧すれば疼痛著明となる)などがある

 体位

腹壁の緊張を除くために膝を曲げている。

●検査

  • 腹部レントゲン写真
  • 尿検査
  • 白血球(10,000 ~16,000 )

●治療

 1.保存的療法

薬物療法(ファロスポリン系、アミノベンジルペニシリン系など広範囲の菌に効く

抗生剤の投与

 2.観血的療法

虫垂切除術

●術後経過と管理

 1.疼痛管理

鎮痛剤の筋注で管理

 2.食事

手術第1病日より開始

 3.安静

手術第1病日より歩行可

●術後合併症

  1. 出血
  2. 腰椎麻酔で手術した場合、悪心、嘔吐、頭痛の有無に注意する
  3. ドレーン挿入の場合は排泄量性状の観察をする

●看護計画(術前)

 突然の入院のことが多いため、不安の除去を図り、手術を受け入れられるように援助する。激しい腹痛時は、下肢を屈曲させ側臥位とする。下剤の投与、潅腸は原則としておこなってはいけない。

●看護計画(術後)

 腰椎麻酔のため、随伴症状に注意する。

( ̄ー ̄)v参考文献

医療学習レポート.虫垂炎と看護計画


スポンサード・リンク