スポンサード・リンク

(ーー;)頚椎症の話


(`・ω・´)題名:頚椎症の話

頚椎症は、椎間板の退行変性にもとづき、中年以降に好発する。出現頻度としてはC5-6、次いでC6-7、C4-5の順である。Luschka関節および椎間関節に反応性骨増殖を生じ、神経根圧迫、脊髄圧迫および両者の合併を生じる。

症状として

①頚椎症状

椎間板変性などによる頚肩部の疼痛、運動制限が長期にわたり先行し、漸次進行する傾向にある。

②神経根症状

圧迫に伴う神経根症状としては、上肢のしびれ、放散痛、感覚異常、筋の線維束攣縮がある。神経脱落症状、麻痺症状としては、感覚鈍麻、脱失および上肢の脱力、筋萎縮がみられる。

③脊髄症状

上肢におけるmyelopathy hand、下肢腱反射亢進、痙性歩行障害などの痙性麻痺および神経因性膀胱などである。腱反射の検査は重要であり、上肢腱反射低下は、前角細胞あるいは神経根障害の高位を示し、亢進は上位における垂体路障害を意味する。

保存療法として頚椎カラーを使用する。牽引療法もときのい有効である。

疼痛に対しては、消炎鎮痛剤の服用、温熱療法も加えられる。

ヽ(;▽;)ノ参考文献

実習対策レポート.頚椎症


スポンサード・リンク