スポンサード・リンク

(ノ^-^)ノ呼吸機能と脳血管疾患の話


(^_-)題名:呼吸機能と脳血管疾患の話

脳卒中は、拘束性換気障害を引き起こす可能性のあることが指摘されている。

脳血管疾患を持つ患者の肺炎の危険因子として、嚥下障害による誤嚥が筆頭としてあげられる。

誤嚥のリスクは咳嗽時の呼出力が低下する脳血管疾患を持つ患者において、増加すると考えられる。

胸郭mobilizationの実施による胸郭拡張差の増大は、肺活量の増加と正の相関関係になる。

(ノ゚▽゚)ン参考文献

山口 明,古賀良平:脳卒中片麻痺患者の呼吸機能―特に左右差について.リハビリテーション医学,1980,17(4):190.

本永英治:リハで見逃しやすい合併症─脳卒中編─肺炎.J Clinica Rehabilitalitaion,1997,6(8): 761-764.

関沢清久:誤嚥性肺炎の治療と予防.日本内科学会雑誌,1998,87(2): 292-296.

千葉一雄:胸郭拡張に対する胸部mobilizationの有効性.理学療法学,1988,15(2): 159-163.

田平一行,関川則子,岩城 基:慢性閉塞性肺疾患患者における胸郭モビライゼーションの即時効果.理学療法学,2007,34(2): 59-64.


スポンサード・リンク