スポンサード・リンク

(*゚∀゚*)マッサージの話


(;_;)題名:マッサージの話

【定義】

狭義では患者の皮膚の上から軟部組織にセラピストの手の合目的な運動を通じて機械的なエネルギーを送り込み治療しようとする手技である。

しかし、広義には手のみならず、水、空気の噴出力、渦流、機械の振動またマッサージ球のような材料で同様の目的を達しようとすることを含んでいる。

疼痛の緩解・リラクゼーション・循環の改善といった目的では物理療法として用いられる。

 

【作用】

1.循環の改善、組織液・浮腫の吸収

2.神経系に対する鎮静又は刺激作用

3.筋緊張の亢進、筋栄養の改善←外から刺激を与えると筋緊張は亢進する。筋ジスなどのときでは筋緊張の進行を遅らせる効果

4.全身新陳代謝の刺激的影響←血流量の増加・循環の改善によって代謝がよくなる。

5.皮膚のすべての機能に対する好影響

6.ホルモンによる作用、ヒスタミン様物質を放出し血管の拡張をおこす

 

【基本的手技】

1.軽擦法      軽く擦る

2.強擦法      強く擦る

3.揉捻法(揉捏法) もむ

4.叩打法      叩く

5.振戦法      振動を与える

6.圧迫法      圧迫する

 

勉強になりましたね。

(・∀・)参考文献

医療学習レポート.マッサージ


スポンサード・リンク