スポンサード・リンク

(゚-゚*;)骨壊死の話


( ̄ー ̄;)題名:骨壊死の話

骨を構成する細胞の死滅した状態で、骨髄細胞の消失と骨小腔の空胞化を特徴とする。

骨への血液供給が停止もしくは低下した場合に発生する。

典型例は、大腿骨頭を栄養する動脈(支帯動脈、内側大腿回旋動脈)が断裂して発生する大腿骨頸部骨折後の骨頭壊死である。

その他、血管炎や小動脈血栓・塞栓、静脈閉鎖などによって発生するが、原因の確定しない骨壊死もある。

大腿骨頭、上腕骨解剖頚、距骨、手の舟状骨などに発症しやすい。

骨癒合の因子として海綿骨の多い部分では比較的骨癒合が早いが、関節包内骨折では関節液中のコラゲナーゼが線維性骨の基質を分解するため、初期の骨新生が阻害され骨癒合が得られいくい。

 

血行障害により関節近傍の骨が脆弱化し変形破壊される病変は骨壊死と呼ばれ、骨の成長との関係はなく大部分が大人に発生します。

小児と異なって成長に伴う大きな修復能力が欠如しているため、破壊された病変部はそのまま残存します。

血行障害の部分が小さいと軽い症状ですみますが、病変が大きいと骨関節の破壊が進んで大きな障害が残ります。

障害が大きい場合には、大がかりな手術的治療が必要となる場合もあります。

(゚O゚* )参考文献

医療学習レポート.骨壊死


スポンサード・リンク