スポンサード・リンク

( ̄∇ ̄*)ゞ僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁閉鎖不全症の話


「僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁閉鎖不全症」の画像検索結果

(^O^)題名:僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁閉鎖不全症の話

●僧帽弁閉鎖不全症

リュウマチ性弁膜炎・心炎の後遺症として弁膜の肥厚、交連部の癒着、腱索・乳頭筋の短縮・癒合などによって起こります。

4:1の割合で女性に多いです。

最近では退行変性や感染によるものが多く見られます。

さらにまれではあるが、心筋梗塞や外傷によるものもあります。

弁が完全に閉鎖せず、逆流を生じたものです。

 

病態

左室から大動脈へ駆出されるべき血液の一部が左房へ逆流してしまいます。

左室は容積負荷によって肥大・拡張をきたします。

僧帽弁狭窄のように著明な左房圧上昇や肺血管抵抗の上昇、肺高血圧も起こします。

 

症状・診断

動悸・息切れで始まり疲労しやすいです。

左室不全では起座呼吸・発作性夜間呼吸困難などを起こします。

右心不全を起こせば、肝腫脹・下腿浮腫・静脈怒張などをきたします。

心尖部で全収縮期雑音を聴取し、第Ⅱ音は第Ⅰ音よりも大きいです。

左室造影で左房への逆流をみます。

左房圧波形はV型の上昇をみます。

心エコー図では僧帽弁の後退速度が増大し、弁の振幅が大きくなります。

ドップラー断層所見では、逆流の程度を知ることができます。

 

治療

ジギタリス剤・利尿薬を使用するとともに安静・運動制限・食塩制限を行います。

外科療法としては、左室造影で軽度の逆流をⅠ度とし、Ⅳ度まで分類し、Ⅲ度以上の重症例が手術適応となります。

手術法には僧帽弁弁輪形成術・僧帽弁形成術・僧帽弁置換術などがあります。

僧帽弁弁輪形成術には、弁輪の再拡大を阻止する目的で人工弁輪を使用することがあります。

 

●大動脈弁閉鎖不全症

病態

大動脈へ拍出した血液が再び左室へ逆流するので容量負荷が強く、左室の拡張・肥大をきたします。

拡張期血圧が低下し、脈は速脈となります。

 

症状・診断

心雑音は左第2~3肋間胸骨縁から心尖部にかけて、逆流性拡張期雑音を聴取します。

先天性の場合と異なり、ほとんどの例で駆出性収縮期雑音が同時にあります。

また心尖部に拡張期雑音を聴取します。

X線映像では左第1、4弓の拡大をみます。

心電図では左室肥大を示します。

心エコー図ではMモードで弁尖エコー幅の増大をみ、左室流出路の拡大、拡張期に僧帽弁前尖に振動をみます。

カラードップラー断層像で弁の性状、逆流の程度がわかります。

確定診断は大動脈造影法で造影剤の左室への逆流をみることであります。

なお手術適応例では冠動脈造影も行い、冠動脈の起始異常や狭窄の有無をチェックしておく必要があります。

 

治療

心内膜炎の再燃や左心不全に対しては、他の疾患と同様の内科的療法を行います。

外科的手術は、大動脈造影でのセラーズ分類でⅢ度以上のものに対して適応となり、手術法としては弁形成術、弁輪形成術、弁置換術が行われます。

なお、上行大動脈の著しい拡大を伴った大動脈弁輪拡張症AAEでは、ベントール手術(人工弁付人工血管で上行大動脈を置換し、冠動脈の再建を同時に行う術式)が行われます。

 

回復期の看護

循環動態が改善し、安定してても、長時間に及ぶ体外循環や手術侵襲で換気状態や心機能が低下し、術後の安静によって運動耐用能が術前より低下することも多いです。

モニタリング、自覚症状、他覚症状の観察によって、ADLの拡大や運動療法などが、かえって心筋酸素消費量の増大を招き、心負荷となっていないかを評価しながら、発熱や貧血所見なども考慮し、心臓リハビリテーションを進めます。

 

抗凝固療法による影響や注意点、退院後の自己管理に向け患者教育を行います。

①ワーファリンや抗血栓薬の服用に関する知識:抗凝固機能の亢進に伴う出血傾向やワーファリンの効果を減弱させる食事、増強させる薬剤など

②人工弁感染性心膜炎の予防に関する知識:虫歯、抜歯、膿瘍の排膿処置などの感染症の早期治療や注意事項。

③疾患管理に関する知識:定期的検診、生活指導

④人工弁患者手帳に関する知識:携帯の必要性

「僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁閉鎖不全症」の画像検索結果

(^0_0^)参考文献

医療学習レポート.僧帽弁閉鎖不全症と大動脈弁閉鎖不全症


スポンサード・リンク