スポンサード・リンク

(* ̄∇ ̄*)ゴルジ腱器官と反射の話


“(-“”-)”題名:ゴルジ腱器官と反射の話

ゴルジ腱器官にはIb線維が分布している。筋が収縮するとIb知覚線維が腱器官の線維に挟まれて興奮する。

筋が収縮する。

ゴルジ腱器官のⅠb知覚線維が興奮する。

脊髄内で介在ニューロンとシナプスする。

介在ニューロンはα運動ニューロンを抑制する。

筋の緊張度が低下する。

この反射によって筋の過緊張が防がれる。

介在ニューロン:筋活動は、脳からの指令や多くの反射回路のα運動ニューロンに対する働きかけが統合されて起こる。そこに介在ニューロンが加わることで、筋活動の調節はさらに複雑になっていく。脳からの下行性伝導路は(1)介在ニューロンを介して、あるいは(2)直接に下位運動ニューロンとシナプスする。α運動ニューロンは基本的に、介在ニューロンを介する脳からの下行性伝導路で興奮する。介在ニューロンには興奮性のものと抑制性のものがある。共同筋と拮抗筋の関係のさまざまな筋の活動はこの介在ニューロンの働きによってリズムどられている。

 

神経線維

Ⅰa群:筋紡錘の一次終末。筋の伸展刺激によって①自己筋および共同筋の興奮、②拮抗筋の抑制に働く。

Ⅱ群:筋紡錘の二次終末。筋の伸展刺激によって伸筋の抑制と屈筋の興奮に働く。有毛皮膚部の触覚受容器、無毛皮膚部の触覚受容器(クラウゼまたはマイスネル小体)にも働く。

Ⅲ群:筋肉の痛み受容器、皮膚の痛み、温度受容器、有毛皮膚部のわた毛(毛の動き)。

Ⅳ群:筋、関節および皮膚の痛み受容器。

( `ー´)ノ参考文献

実習対策レポート.ゴルジ腱器官と反射


スポンサード・リンク