スポンサード・リンク

(* ̄∇ ̄*)レビー小体型認知症の話


(ーー゛)題名:レビー小体型認知症の話

レビー小体型認知症(れびーしょうたいがたにんちしょう、英Dementia with Lewy Bodies、通称DLB)はアルツハイマー型認知症や脳血管性認知症と同じ認知症であり、変性性認知症の一種である。

日本では三大認知症の一つである。

認知障害だけでなくパーキンソン病のような運動障害も併発するのが特徴。

以前は、びまん性レビー小体病と呼ばれていた。

この病気特有の症状としては、幻覚をみたり、妄想をしたりすることがあげられる。

やがて、アルツハイマーのような認知障害と、パーキンソニズムと呼ばれるパーキンソン病のような運動障害の両方が症状として表れる。

徐々に進行し、最終的には寝たきりになる。

この病気はアルツハイマー型に比べ10倍も寝たきりになるのが速いとも言われている。

また、薬物に過敏に反応し(薬物過敏性)、アルツハイマーの治療薬やパーキンソン病の治療薬を 通常量で投与することは逆に症状の悪化を招くことが多い。

初期の段階では、診断が難しくアルツハイマー型認知症やパーキンソン病と診断されたり、初期にうつ病の症状が出てうつ病と診断されることがある。

この病気の早期発見と、適切な治療によって進行を遅らせ症状を和らげることができる。

(^0_0^)参考文献

医療学習レポート.レビー小体型認知症


スポンサード・リンク