スポンサード・リンク

(* ̄∇ ̄*)感染症の話


「感染症」の画像検索結果

“(-“”-)”題名:感染症の話

1:感染とは

微生物が動物の体表面や、組織内に付着し、安定して増殖を続けるようになった場合を感染といいます。

 

2:感染症とは

感染が原因となって起こる病気を感染症と呼ぶ。

発病するか否かは、感染した微生物の種類・量・ビルレンス・などの病原体側の因子と宿主の感染に対する抵抗力によって決まる。

 

3:感染経路

①接触感染:接触によって感染するものです。

②飛沫感染:呼吸器系の感染症の場合、患者の咳やくしゃみ、ときには単に普通の会話によって、病原体を含んだたんや唾液がエアゾルとなって飛び散り、これを吸い込むことによって、感染が起こる場合を言います。

③飲食物・水:汚染された飲食物や、水を摂取することで感染が起こる場合です。

④衣類、器物、媒介動物、不潔な医療行為、医療器具などによっても感染は引き起こされます。

 

1)MRSA

抗生物質であるメチシリンに耐性のある、黄色ブドウ球菌(常在菌)です。

主に看護者や医療者の手によって感染が広がる危険性がある。(院内感染)

感染防止策として職員に対する感染に関しての教育を行い、予防・消毒を徹底させる。

 

2)HIV

CD4陽性のT細胞とマクロファージに感染して進行性の免疫不全を起こす。

この免疫不全状態に、日和見感染、腫瘍、痴呆などの二次的疾病を合併した状態がエイズである。

感染経路は性行為、血液感染、母子感染である。

予防、消毒の徹底です。

 

3)HBV

HBVが感染するとB型肝炎を引き起こします。

成人に感染したばあいは免疫不全状態でない限り、一過性の感染経過をたどります。

新生児や乳児、あるいは免疫不全状態の成人に感染したばあいは持続感染の経過をとり、HBVキャリアーとなります。

感染経路は、HBe抗原陽性の母親から主として出産時における新生児への伝播、血液を介する医療行為、性行為などによります。

血液が感染源であるから、手指は水道水で洗い、血液で汚染された器具は次亜鉛酸ナトリウム、グルタラールアルデヒドで消毒をします。

HBe抗原陽性の妊婦から生まれた新生児にはまずHBIGを、注射し、後にHBワクチンを接種します。

 

4)HCV

HCVが感染すると、C型の慢性肝炎を引き起こし、肝硬変を経て肝細胞癌を発症するにいたります。

感染経路は血液媒介性である。

予防は血液に対する一般的な注意に尽きます。

リキャップをしないです。

 

5)緑膿菌

土壌・水、人および動物の皮膚や腸管内に生息する常在菌で、毒性はあまり強くないが、他の化膿性疾患・慢性炎症などに伴って混合感染をおこすことが非常に多いです。

熱傷後感染症、尿路感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症、中耳炎、ときに敗血症、髄膜炎を引き起こします。

滅菌操作、消毒などの徹底です。

 

6)結核

結核菌によって引き起こされ、肺結核、脊椎カリエス、関節結核、結核性髄膜炎、胃炎、膀胱炎、卵巣炎、精巣上体炎などを起こします。

主に飛沫感染によります。

結核感染の検査には、ツベルクリン反応があり、感染を予防するワクチンとしてBCGがあります。

 

7)梅毒

感染後、10~30日の潜伏後、局所に硬性下疳および領域リンパ節に無痛の腫脹を示します。(第一期)

その後血行を介して諸臓器に散布され、皮膚、粘膜の発疹、骨・関節などの梅毒性変化を起こします。(第二期)

その後第三期となり、4~10年で皮膚の潰瘍、ゴム腫などが現れ、更に進むと、中枢神経が侵され、進行性麻痺となります。(変性梅毒)

妊婦の梅毒は胎盤をとうして胎児に血行性に感染します。

そのため多くの胎児は死産となるが、そのまま出生すると先天梅毒になる。

主に性行為によって感染します。

あらゆる人の血液や排泄物を感染の危険性があるものとして扱います。

 

8) 疥癬

肥前ダニと呼ばれる節足動物で感染すると皮膚の柔らかい部分に生息し、激しい痒みに襲われます。

接触感染を起こします。

オイラックスの全身塗布が有効です。

寄生を受けている患者に直接素手で触れないです。

「感染症」の画像検索結果

( `ー´)ノ参考文献

医療学習レポート.感染症


スポンサード・リンク