スポンサード・リンク

(* ̄∇ ̄*)脳血管障害と危険因子の話


(^O^)題名:脳血管障害と危険因子の話

①自己管理ができないもの

加齢・・・加齢とともに血管が老化し詰まりやすくなる。

性別・・・男性は女性の2倍近く脳卒中をおこしやすい。

季節・・・冬の寒い時期には脳卒中は発症しやすい。

人種・・・日本人は欧米人より2~3倍発生率が高い。

遺伝・・・血縁者で脳卒中を生じた人がいる場合、発生率は高くなる。

 

②自己管理できるもの(疾患)

高血圧・・・高血圧は極めて重要な危険因子である。あらゆるタイプの脳卒中にとって危険因子となりうる。高血圧性脳出血だけでなく脳梗塞の原因となる。

高脂血症、糖尿病

動脈硬化を促進し脳梗塞の原因となる。糖尿病は動脈の老化を早め、脳卒中の危険

性を高める。

心疾患・・・心臓弁膜症、不整脈があると脳塞栓の大きな要因になる。

血液異常・・脱水症状や多血症になると血栓ができやすくなる。

 

③自己管理できるもの(生活習慣)

肥満・・・脳卒中の直接的な危険因子とならないが、高脂血症や高血圧を引き起こす

間接的な危険因子となる。

飲酒・・・大量の飲酒は脳卒中の原因となる。

喫煙・・・男性にとって脳梗塞の危険因子となる。

ストレス・血圧を上昇させ動脈硬化を促進させる。

(^_-)参考文献

医療学習レポート.脳血管障害と危険因子


スポンサード・リンク