スポンサード・リンク

(* ̄∇ ̄*)CPAPと個人輸入の話


!(^^)!題名:CPAPと個人輸入の話

CPAPの個人輸入について・輸入に際して準備が必要なものは、レンタル時に貰う処方箋の控え(医者が業者に圧力設定の値を記述したもの)を以下の処方箋として利用可能。(もしくは、担当医に本当に処方箋を書いてもらう)

米国等の主要販売サイトの多くは、現地の法律的な義務から、購入時に処方箋の提示を必要とする。

提示方法はFAXやスキャン画像のe-mail/upload など。

処方箋の言語や発行国を問わない販売サイトも複数あり。

個人使用といえる量(例えば本体1台、マスク1個)であれば、たとえ税関  での問い合わせはあっても、処方箋を提示できれば、没収はまずない。

薬監が必要となるケースもある。

税金(普通は運送業者に受け取り時に支払い)は実質購入金額の6割の5%。

発注から、早ければ 1-2W程度で届く。

(遅い場合は知らないが 1M 程度?) レンタルをやめて個人所有にする場合、余裕があれば(ただし前回輸入から  若干間隔を置く必要があるかも?)、もう一台、コンパクト機等の代替機があると、万一の故障や旅行のときに便利。

((+_+))参考文献

医療学習レポート.CPAPと個人輸入


スポンサード・リンク