スポンサード・リンク

( ̄□ ̄;)!!7月31日水曜日の日記

(-.-)y-~meal(-.-)y-~

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、街かど屋にて豚テンプラとサバの塩焼き定食を食べました。

晩ごはんは、ハンバーグとサラダを食べました。

 

(-。-)y-~event(-。-)y-~

今日は残業の日です。

そして、誕生日前です。

朝の準備を済ませると、電動自転車にて出勤しました。

午前は外回りを行い、午後は病棟で働きました。

誕生日前ということで、好きな昼ごはんを食べました。

豚の天ぷらは今まで食べたことがなかったので注文しました。

ご飯を二杯食べました。

案の定、昼からお腹がいっぱいでした。

会議が終わり、のんびりしていると仕事の電話がありました。

まったく乗り気のない、愛情のない意欲のない無機質なオーダーでした。

断りました。

残業をしながら考え事をしました。

家に帰ると、子供達をお風呂へ入れてご飯を食べました。

何で仕事をするのか再確認しました。

 

(^q^)health(^q^)

事務と現場の発想は異なります。

 

(_ _)study(_ _)

今日は、一目均衡表について勉強しよう。

一目均衡表を作ったのは一目山人という新聞屋さんです。

一目さんは株価の動きをどのように評論するかを考えて記録を付け続け、編み出されたのが一目均衡表なのだが使用用途があくまでも評論なのです。

今現在の株価の動きが過去の事実の積み重ねからどうしてこのようになったのか、ということに着目して今を評価したものです。

決して未来を占うものではないと作者本人が言っています。

どうしても勝てない人はデモも含めてトレードをいったんやめて、一目均衡表の遅行線を見るとよいです。

遅行線(日足)は26日前つまりひと月前の株価と現在の株価の差額を示しています。

やることは遅行線の場所でポジションを持っていると仮定して今現在何をするべきか?ということを考えることです。

すでにポジション持ってる人がこの先どうするのかということを考える練習になります。

あくまでも考え方の一例です。

一目自体は人それぞれで使いかってがいいと思う人もダメと思う人もいます。

重要なのは全てのチャートは未来地図ではなく、今を考える道具の一つでしかないです。

手法より思考が大事なのです。

 

(^^;count(^^;

日記134日目です。

スポンサード・リンク