スポンサード・リンク

(  ̄▽ ̄)クッシング症候群の話


(+o+)題名:クッシング症候群の話

クッシング症候群は、副腎過形成あるいは副腎腫瘍からコルチゾールが過剰に分泌されて起こる疾患である。

本症の原因となる副腎腫瘍には、副腎皮質腺腫および副腎皮質癌がある。

副腎過形成を起こす原因としては、下垂体好塩基性細胞腺腫、下垂体嫌色素性細胞腺腫、下垂体機能亢進ならびに異所性ACTH産生腫瘍があげられる。

本症は20~30歳代に多く、1:4.7と女性に多い。クッシング症候群の主要症状は、満月様顔貌、バッファローハンプ、中心性肥満、皮膚線条である。

 

クッシング症候群とは副腎皮質ホルモン(ステロイド)が体の中で異常に多く産生されるために生じる病気の総称です。

クッシング症候群の原因には副腎皮質に癌ができたり、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が体の中で異常に多く産生されるために副腎皮質が刺激されて(副腎過形成)、副腎皮質ホルモン(ステロイド)が異常に多く産生される場合があります。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)は本来脳下垂体から産生されるものですが、体の別の組織(多くは胸腺や肺、腹腔内の腫瘍)から産生される(異所性ACTH産生腫瘍)こともあります。

脳下垂体にできもの(腫瘍)ができてそこから過剰に副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌されるために起こる病気を特別にクッシング病といいます。

(#^.^#)参考文献

医療学習レポート.クッシング症候群


スポンサード・リンク