スポンサード・リンク

(  ̄▽ ̄)ニューロパチーの話


(  ;∀;)題名:ニューロパチーの話

神経炎とニューロパチーはほぼ同義語であり、末梢神経系は脳および脊髄の中枢神経系と神経支配を受ける標的器官を結ぶ神経系であり、機能的に運動神経系、感覚神経系、自律神経系に分けられる。

末梢神経や、その神経細胞体が何らかの原因により障害を受けると、様々な症状が現れる。

このような末梢神経の病気をニューロパチーという。

ニューロパチーによっては運動神経障害・感覚神経障害・自律神経障害のいずれかの症候が優位にみられることがあるが、一般に感覚障害と運動障害が混在する感覚運動性ニューロパチーの形を呈することが多く、自律神経障害を伴うこともある。

 

運動神経障害:筋力低下、筋萎縮、筋緊張低下、弛緩性麻痺感覚

神経障害:感覚鈍麻と異常知覚。左右対称に四肢先端付近に感覚障害を生じ、先にいくほど程度が強くなり、一般に手袋靴下型と呼ばれている。

自律神経障害:自律神経症状を主徴とするニユーロパチーはまれである。

(・∀・)参考文献

実習対策レポート.ニューロパチー


スポンサード・リンク