スポンサード・リンク

(  ̄▽ ̄)中枢性パターン発生器の話


「中枢性パターン発生器」の画像検索結果

(・.・;)題名:中枢性パターン発生器の話

歩行運動をはじめとして、呼吸、咀嚼、嚥下、眼球運動などのような自動性の強い運動において、それぞれ特有のりズムないしは出力パターンがあり、多数の運動細胞集団が時間的・空間的に定型的なバターンで活動する。

そのようなパターンを形成するために、中心的な役割をするニューロン回路網が存在し、それらは中枢性パターン発生器(CPG)と呼ばれている。

CPGは最も基本的で最も低い階層を構成しており、大脳や脳幹などの上位中枢の支配下にある。

そしてその活動の開始・停止やパターンの特性は上位中枢によって規定されるが、一度動き出すと上位中枢の働きがなくとも活動することができる。

CPGは、運動細胞集団の中のどれが、どのタイミングで、どのような強さで活動するかを指令しつづけることによって運動バターンを形成する。

「中枢性パターン発生器」の画像検索結果

(@_@;)参考文献

医療学習レポート.中枢性パターン発生器


スポンサード・リンク