スポンサード・リンク

(  ̄▽ ̄)土肥・アンダーソンと基準の話


( ´ ▽ ` )題名:土肥・アンダーソンと基準の話

1.訓練を行わない方がよい場合

  1. 安静時脈拍数100/分以上
  2. 拡張期血圧120mmHg以上
  3. 収縮期血圧200mmHg以上
  4. 労作狭心症を現在有するもの
  5. 新鮮心筋梗塞1ヶ月以内のもの
  6. うっ血性心不全の所見が明らかなもの
  7. 心房細動以外の著しい不整脈
  8. 訓練前既に動機、息切れのあるもの

 

2.途中で訓練を中止する場合

  1. 訓練中、中等度の呼吸困難、めまい、吐き気、狭心痛などが出現した場合
  2. 訓練中、脈拍140/分を越えた場合
  3. 訓練中、1分間に10個以上の期外収縮が出現する場合か頻脈性不整脈あるいは徐脈が出現した場合
  4. 訓練中収縮期血圧40mmHg以上または拡張期血圧20mmHg以上上昇した場合

 

3.訓練を一時中止し回復を待って再開する場合

  1. 脈拍数が運動前の30%を越えた場合。ただし、2分間の安静で10%以下に戻らぬ場合は以後中止するかきわめて軽労作のものに切り替える。
  2. 脈拍が120/分を越えた場合
  3. 軽い動悸・息切れを訴えた場合

(*゚∀゚*)参考文献

実習対策レポート.土肥・アンダーソンと基準


スポンサード・リンク