スポンサード・リンク

(  ̄▽ ̄)骨折の話


(ー_ー)題名:骨折の話

Ⅰ.骨の構造

骨の基本構造は骨膜、骨質、骨髄、関節軟骨の4つの組織からなり、これに血管、神経、リンパ管が加わる。

骨は外層から外骨膜、皮質骨(緻密骨)、海綿骨、内骨膜からなり、骨幹部では中央に骨髄腔がある。

①皮質骨(緻密骨):皮質骨はきわめて硬く、多数の層板構造からなる。同心円状の層板の中央にハバース管が骨の長軸方向に走行し、さらにハバース管同士あるいは骨皮質外と連絡するフォルクマン管がハバース管から横走している。これらの管のなかを神経、血管、リンパ管が走行して皮質骨内に分布している。骨細胞が埋め込まれている骨小腔を連絡する骨細管もハバース管と連絡している。ハバース管を中心とした層板構造を皮質骨構造の1つの単位として骨単位という。

② 海綿骨:海綿骨は骨内面に棘状、梁状に存在し、網目構造の骨梁を形成する。硬さは皮質骨と同じで、層板構造もあるがその数は少なく、骨単位も形成されない。ハバース管も存在するが、量は少ない。海綿骨は一見、不規則な構造をしているが、力学的にはきわめて合目的性をもった配列で、大きな外力に対して十分な耐性をそなえた構造である。骨梁の網目構造のなかには血管が分布し、その周辺で造血機能が営まれる。

③骨膜:皮質骨外側は線維性の被膜である骨膜(外骨膜)におおわれている。骨膜の外層はコラーゲン線維と線維芽細胞からなる(線維層)。内層には骨芽細胞があり、造骨能を有する(胚芽層)。成長期には骨膜が骨の横径の成長を担当する。骨膜は骨折や炎症があると、活発な骨形成を行う。骨膜と骨質とは貫通線維(シャーピー線維)とよばれるコラーゲン線維で強固に結合されている。骨の内面をおおう骨膜(内骨膜)は骨梁、ハバース管の表面にあり、血管が豊富で、造血能をそなえている。

Ⅱ.骨の発生過程

骨の発生には、①未分化間葉系細胞が骨芽細胞へ分化して骨組織をつくる膜(内)性骨化②既存の軟骨原基が骨に変化する軟骨性骨化、の2つがある。両者は本質的には同じであり、基質の石灰化を経て海綿骨を形成し、緻密な骨組織へと変化する。

①膜性骨化:結合組織内の未分化間葉系細胞の集団が骨芽細胞へ分化し、類骨組織を形成する。骨芽細胞による骨基質の形成と石灰化で骨梁形成が促進され、一方、骨細胞や破骨細胞も形成されて、骨組織となる。膜性骨化によって形成される骨は頭蓋の前頭骨、頭頂骨、後頭骨、下顎骨などである。長骨の横径成長は骨膜性成長で膜性骨化の一種である。

②軟骨性骨化:発生初期、将来に骨となるところに軟骨の支柱が形成される。支柱中央部の軟骨細胞がしだいに肥大し、退行変性を起こす。同時に基質の石灰化が開始され、ここに周辺の結合組織から血管が侵入する。血管には未分化間葉系細胞が付随し、それらは後に骨芽細胞、骨細胞、破骨細胞へと分化する。軟骨性骨化により形成される骨には、四肢骨、頭蓋底部の骨、椎骨、骨盤などがある。

 

Ⅲ.骨折の状態による分類

<骨折線による分類>

横骨折:直達外力が強力なときに発生しやすい

斜骨折:屈曲力により発生しやすいまた第3骨片が生ずることが多い

らせん骨折:捻転力により発生しやすい

粉砕骨折:軟部組織損傷が大きい

嵌入骨折:大腿骨や上腕骨中枢部にみられる

嵌没骨折:頭蓋骨にみられる

圧迫骨折:脊椎にみられる

若木骨折:小児にみられる骨膜下骨折

 

Ⅳ.骨折治癒の異常過程

①変形癒合

解剖学的なアライメントと異なった異常な形態で癒合が完成した状態。整復位不良のまま固定が行われた場合や、整復位が保持できなかった場合などに角状変形(内反、外反、あるいは屈曲など)、回旋変形などが起こることがある。著しい変形はたとえ自己矯正力があっても隣接関節の機能に影響するので、可能な限り良好な整復位を得る必要がある。特に回旋変形は自家矯正されないので注意を要する。

②遷延癒合

骨折治癒に予測される期間を過ぎても骨癒合がみられないものを言う。しかし、骨折部の癒合機転が緩慢であるが、少しは続いているものである。したがって、骨癒合を妨げている因子があれば、これを解決する事によって再び骨癒合は進行する。不十分な固定が原因である事が最も多い。

③偽関節

骨折部の癒合機転が止まって、異常可動性を示す場合である。骨折端は丸みを帯びたり筆の穂先状に萎縮し、骨髄腔は骨性に閉鎖される。骨折間隙は線維性の瘢痕組織で充満され、異常可動性を認める。不十分な固定や感染、骨欠陥などが原因になる事が多い。

 

Ⅴ.大腿骨頚部骨折が治癒しにくい理由

①大腿骨骨頭部への血行は、主として頚部側から供給されているので、骨折により血行がたたれ骨頭側は阻血状態となり骨折治癒能は低下する。

②両骨片間に剪断力が作用する為骨片は離開して骨癒合が阻害される。

③高齢者は骨再生能力が低下している。

④関節内骨折なので骨膜がない為骨癒合が阻害される。

(/_;)参考文献

医療学習レポート.骨折


スポンサード・リンク