スポンサード・リンク

(* ̄ー ̄)低色素性貧血の話


(ー_ー題名:低色素性貧血の話

鉄欠乏性貧血の症候は、鉄欠乏を示す症候、ヘム合成障害による低色素性小丘性貧血の症候、組織鉄欠乏の症候および鉄利用亢進の症候からなる。

低色素性小球性貧血になると、貧血の一般症状が現れ末梢血液像および骨髄像は特徴ある所見を示す。

低色素性小球性貧血

貧血症状:頭痛、倦怠感、めまい、耳鳴、肩こりなど

低色素性貧血:蒼白、血色素量低下、赤血球淡染

小球性貧血:小赤血球

代謝性増血:骨髄症赤芽球増多

 

貧血をきたす疾患には、その病態によって特徴的な赤血球恒数の異常を示すものがあるので、赤血球恒数によって小球性低色素性貧血、正球性正色素性貧血、大球性高~正色素性貧血の3つの型に分類して鑑別診断を進めます。

 

貧血は女性・男性に関わらず認められる症状ですが、割合的には圧倒的に女性のほうによくみられます。

貧血とは、血液中の赤血球またはその中身である血色素(ヘモグロビン)が減少した状態をいいます。

ヘモグロビンが減少すると、体内の組織細胞に酸素が運ばれなくなり、酸欠状態となって貧血特有の症状が現れます。

その一般的な症状には、顔色の蒼白、全身倦怠感、めまい、動悸、息切れ、頭痛など多くのものがあります。

(^_-)参考文献

医療学習レポート.低色素性貧血


スポンサード・リンク