スポンサード・リンク

(* ̄ー ̄)免疫グロブリンの話


(・_・;)題名:免疫グロブリンの話

免疫グロブリンを作る働きは新生児では、きわめて弱く、生後数か月の間に少しずつ発達して行く。

この聞は母親から与えられた免疫グロブリンで食いつなぐことになる。

IgGは胎児期に胎盤を経由して母親から供給されており、新生児は生後しばら くの間、これに依存して感染への抵抗力を保つことになる。

また、母乳には各種の免疫グロブリンが含まれており、これも新生児における感染の防御に重要な役割をはたしている。

 

免疫グロブリンはもともと体内にあるタンパク質です。

リンパ球の一種であるB細胞が、病原性微生物を認識して排除するために作り出す抗体で、いくつかの種類があります。

リンパ球系幹細胞のうち骨髄の中でそのまま分化成熟するのものにB細胞と呼ばれるものがある。

B細胞という言葉は、bone marrow 由来の細胞の意味でも使えることになった。

このB細胞は適当な刺激があれば抗体を産生するようになる細胞である。

成熟したB細胞の表面には、IgMとIgDがともにある。

これに抗原刺激とT細胞からのシグナルで分化すると始めにIgMが産生が増加する。

そして十分な刺激があると表面の免疫グロブリンもIgG、IgE、IgAに変化するとともに、それぞれのクラスの免疫グロブリンを分泌するようになる。

(^ム^)参考文献

医療学習レポート.免疫グロブリン


スポンサード・リンク