スポンサード・リンク

(* ̄ー ̄)慢性関節リウマチの話


「慢性関節リウマチ」の画像検索結果

o(*⌒―⌒*)o題名:慢性関節リウマチの話

慢性関節リウマチ(以下RA)とは、膠原病の一種であり非特異的な慢性の経過をたどる多関節(まれに単関節)炎で、非化膿性であってしばしばさまざまの関節外障害を伴うものである。

RAは骨関節筋肉などの運動支持組織など、広く結合織を侵してくる全身疾患であるが、主な臨床症状発現の場は関節であり、しばしば対称性の慢性関節炎症を生じ、再熱と寛解を繰り返して変形や強直など身体障害へと進行する。

発生頻度は全人口の0.3%ないし0.5%とされる。

性別は女性に多く、男女比は1:2~3である。

年齢別頻度は女性では20~50歳代が高いが、加齢とともにその世代人口の有病率は増加するという。

慢性関節リウマチの薬物療法は主として疼痛や腫張の軽減をはかるため、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)を投与する。NSAIDsは疼痛や腫張の軽減、炎症には効果があるが、関節破壊の進展を阻止する効果はない。

リウマチ炎症の活動性が高い患者では、早期により金療法、D-ペニシラミン、ブシラミン、サラゾスルファピリジン、などリウマチ炎症に対し抑制効果が期待できる緩解導入剤(DMARDs)の投与が勧められる。

いずれの薬剤を用いても炎症のコントロールが難しい患者ではメトトレキサート(MTX)の内服も行われる。

「慢性関節リウマチ」の画像検索結果

(*^ー^)参考文献

医療学習レポート.慢性関節リウマチ


スポンサード・リンク