スポンサード・リンク

(* ̄ー ̄)支持的精神療法と簡易精神療法の話


(・_・;)題名:支持的精神療法と簡易精神療法の話

支持的精神療法(簡易精神療法)は、精神分析理論にある程度根ざしてはいるが、治療者による分析・解釈をあまりせずに行う精神療法のことである。

神経症性障害をはじめ統合失調症や人格障害など、すべての精神障害に適応できる。笠原にならって以下に要点を示す。

① 患者が自分の心理を言葉で表現できるよう促し、静かに見守る。

② 患者が自分の心理的問題を整理するのを助け、心理世界の立て直しに協力する。

③ 患者の苦悩に共感することに努め、指示や指導めいたことはなるべくしない(もちろん必要に応じ、指示・激励は与える)。

④ 患者の治療者への転位感情に注意し、適切に処理する。

⑤ 患者の無意識の世界には立ち入らない。心因の究明を急がない。

⑥ 患者の努力を評価し、患者自身の自己評価を高めるようにする。

(^0_0^)参考文献

実習対策レポート.支持的精神療法と簡易精神療法


スポンサード・リンク