スポンサード・リンク

(* ̄ー ̄)気管と胸膜の話


(^O^)題名:気管と胸膜の話

気管・主気管支の壁は,内側より粘膜,気管軟骨または気管支軟骨と平滑筋,外膜の3層からなる.

内表面を覆う粘膜上皮は多列線毛上皮からなり,杯細胞が混在している.粘膜下組織には気管腺または気管支腺がみられ,これらの分泌物が痰である。

 

左気管支:正中線とは約46°の角度をとって走行し、細く、かつ長い(約4~6cm)。

右気管支:左気管支に比べ垂直に近い経路をとり、正中線とは約24°の角度をとって走行し、太く、短い(約3cm)。左右の走行の違いにより、異物の混入はしばしば右気管支に起こる。

 

気管支は肺に入ると分枝してしだいに細くなり、最後は肺胞となる。肺胞は直径0.1~0.2mmの小さな袋である。肺動脈は細かく分かれて、肺胞の回りに毛細血管網をつくり、ここでガス交換を行う。

 

肺を覆う漿膜を胸膜といい、肺の表面を直接覆う臓側胸膜(肺胸膜)と胸壁の内表面を覆う壁側胸膜がある。両者は肺門で連続し、両者の間の閉じた間隙を胸膜腔といい、その中に少量の漿液(胸膜液)を含有している。胸膜があるために肺は呼吸に伴う胸腔内の摩擦をなくすことができる。壁側胸膜は部位によって肋骨胸膜、横隔胸膜、縦隔胸膜の3部に分ける。胸膜腔は呼気時には拡大し、吸気時には狭くなる。胸膜腔内は陰圧に保たれているが、外傷により空気が胸膜腔に漏れると胸膜腔の陰圧は破られて気胸となり呼吸困難になる。

 

縦隔には食道が通っている。

(^○^)参考文献

医療学習レポート.気管と胸膜


スポンサード・リンク