スポンサード・リンク

(* ̄ー ̄)肝臓の話


(・_・;)題名:肝臓の話

肝臓(liver)は腹腔の右側で横隔膜の直下に位置する人体中最大の腺で、重量は男1、000~1,300g、 女900~1,000gで、体重の約1/50にあたる。胎児および新生児では、腹腔の半分以上を占め、体重の約1/20に達する。大きな右葉と小さな左葉(1.→○)があり、両者に挟まれ立方葉と尾状葉がある。上面は横隔膜に接する横隔面であり、下面は胃,十二指腸,右腎などの臓器に接する臓側面である。

肝臓の下面には中央やや左に肝門という出入り口があり血管(固有肝動脈、門脈)、神経、リンパ管、肝管が通っている。固有肝動脈は肝臓に酸素を運ぶ栄養血管で、門脈は胃や腸からの栄養を多く含んだ血管を集める静脈で機能血管(3.→×)である。肝臓の血液は洞様毛細血管で二つが合わさり下大静脈に流れる。(4.→○)

肝臓は胆汁をつくり、これを総胆管を介して十二指腸に送る。(5.→○)また、門脈によって肝臓に運び込まれた血液中の糖分を、グリコゲンに変えて貯え、これを血液中に供給する。このほか、肝臓は血液中の有毒物質を分解して無毒化し(解毒)、あるいは骨髄での赤血球の生産に必要な物質や血液凝固を防ぐヘパリンなどを血液中に送る。さらに、ビタミンの貯蔵や免疫物質の生産にもあずかる。

 

肝臓内の血液の流れ

門脈 →小葉間静脈→洞様毛細血管→中心静脈→肝静脈→下大静脈固有肝動脈→小葉間動脈→洞様毛細血管→中心静脈→肝静脈→下大静脈

 

・肝臓の位置

肝臓は上腹部および左右の下肋部で、横隔膜円蓋に接着して存在し、その中部は横隔膜の腱中心に、後面は横隔膜腰椎部に接する。肝臓の高さは、体位や呼吸運動によって変化し、安静呼吸時でも約2~3cm移動する。肝臓の後面は、第9~第10胸椎の高さに位置し、その最高部は呼吸気時に右側で第5肋間の高さに位置 (2.→○) する。肝臓の下界(下縁)は、右肋骨弓に沿って前側にみられ、左右の肋骨弓間を右下方から斜めに左上方にのびて、左側の第7肋軟骨に達し、正中線では剣状突起の下方約3横指の位置にある。

 

・肝臓の機能

(1)胆汁の生成

肝臓は1日に約700~1,000 mlの胆汁を持続的に産生する消化腺である。

(2)栄養素やホルモンの代謝

消化管から吸収された栄養素は門脈によって肝蔵ヘ運ばれ、肝細胞で分解されたり合成されたりする。消化管から吸収されたブドウ糖は肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、必要に応じて再びブドウ糖に分解されて放出される。吸収されたアミノ酸からは血漿蛋白であるアルブミン、グロブリン、フィブリノゲン、プロトロンビンなどが合成されたり、他の細胞に取り込まれて利用される。不要のアミノ酸はアンモニアから尿素となり、尿中に排泄される。脂肪酸からはコレステロールやリン脂質が合成される。体内で作用後のホルモンを分解したり、ビタミンを活性化して貯蔵する。

(3)解毒作用

血中の有毒物質は肝臓でグルクロン酸などと抱合されて解毒されたり、または分解されて胆汁を介して便中に排泄されるか、あるいは血行性に腎蔵に運ばれて尿中に排泄される。

(4)血液量の調節

肝臓には全血液の1/4が循環していて、肝臓は血液を貯蔵し、循環血液量を調節する。

 

胆汁排泄の経路

毛細胆管→小葉間胆管→肝管→胆嚢管→十二指腸→総胆管

(/_;)参考文献

医療学習レポート.肝臓


スポンサード・リンク