スポンサード・リンク

( ̄ー ̄)頚椎椎間板ヘルニアの話


(ToT)題名:頚椎椎間板ヘルニアの話

多くは椎間板の退行変性に基づく線維輪断裂部からの髄核脱出である。

通常、後方ないし後側方へ脱出し、神経根あるいは脊髄を圧迫する。

30~50歳の男性に多く、好発部位はC5/6、C6/7、C4/5の順である。

 

○症状

後方正中ヘルニアでは脊髄を圧迫し、圧迫性脊髄障害myelopathyを生ずる。

後側方のヘルニアでは神経根が圧迫され、神経根刺激・麻痺症状radiculopathyを生じ、一側上肢の疼痛と感覚・運動障害を訴える。

 

○自覚症状

①頚椎症状:後頭・頚部から肩甲・背部の凝り、不快感、疼痛などと頚椎運動制限が先行する。通常、頚椎の後屈を強制すると増悪し、安静にて軽快する。せき、くしゃみにより疼痛が生ずることも少なくない。外傷発症の場合、受傷直後のほか数時間あるいは一両日経って亜急性に発症することもある。

②神経根症状:一側の肩甲骨周辺の疼痛、上肢へ放散する疼痛、前腕や手指のしびれと感覚障害、脱力、筋萎縮、筋の線維性攣縮などを認める。神経学的分析(感覚障害のデルマトーム、筋力テストによる筋支配、深部腱反射)で、高位を推定することができる。

③脊髄症状:感覚障害は手指、手掌全体に及ぶしびれ感が主体で、さらに体幹、下肢に広がる。運動系では書字、更衣、食事動作時の手指巧緻運動不全を訴える。また下肢痙性麻痺としては、階段下降時に手すりを必要、走れない、ジャンプできない、などが特徴的である。排尿不全、頻尿を自覚することも少なくない。

 

○他覚所見

①局所所見:急性期には各方向への頚椎運動が制限され、前後屈運動により、後頚部~背部痛あるいは上肢への放散痛を伴う。

②神経所見:神経根刺激症状がある時、Spurling testおよびshoulder depression testが陽性となる。

・radiculopathyでは神経障害高位に一致して上肢の脱力および筋萎縮、感覚障害、腱反射が減弱する。

・myelopathyでは下肢腱反射亢進、体幹より下肢に及ぶ感覚・運動障害、排尿障害など、長索路症状long tract signが出現する。また、Hoffmann、Wartenberg反射、inverted radial reflexなど手指の病的反射が陽性となり、手指巧緻運動障害、手袋状の上肢のしびれや感覚障害などmyelopathy handの特徴を有する。

(;_;)参考文献

医療学習レポート.頚椎椎間板ヘルニア


スポンサード・リンク