スポンサード・リンク

( ̄* ̄)固有受容性姿勢制御の話


「固有受容性姿勢制御」の画像検索結果

“(-“”-)”題名:固有受容性姿勢制御の話

深部感覚:空間における姿勢の気づきや運動感覚、位置感覚、運動の抵抗感覚、重量の感覚、努力感覚、筋収縮のタイミング感覚などの感覚は深部感覚が深く関与している。

固有感覚:深部感覚は自身の内部環境から刺激を受けているため固有感覚という。

固有感覚受容器:自己の筋や関節応答をするための固有受容器といわれる。

固有受容器:関節、筋(筋紡錘、腱紡錘)、腱に存在→重力を感知する前庭器官からの入力と協調して姿勢・運動の制御を行っている。

姿勢制御には固有受容性と同時に皮膚からの感覚刺激も働いている。

脳卒中患者:姿勢制御機能障害→支持基底面の不足→固有感覚さらに非活動的→随意運動系の過度な努力→代償運動→連合反応による定型的パターン、アライメントの崩れから骨・関節変形

運動療法:固有受容性の支持基底面を作り出し固有受容性の姿勢制御機能にすることで→固有受容性のフィードバックによる姿勢制御機構→新しい姿勢の制御機能や運動の学習にとって重要な役割

 

姿勢緊張

姿勢緊張:抗重力的活動能力としての筋緊張(抗重力下で動くためには目的活動に合わせて筋緊張を刻々と変化させることができなければならない)→姿勢制御の機能状態を評価分析する指標となる。

姿勢緊張は抗重力位で姿勢を維持するために、必要な筋肉を組み合わせて適切な高さの姿勢緊張を保ち、さらに姿勢変化に対応して姿勢緊張も変化できる幅を持っている→これにより、姿勢の安定性と可動性という2つの異なった状態が保証されている。

正常な姿勢緊張→正常な姿勢・運動制御に不可欠であり。

姿勢緊張の要因:正常な相反神経支配、フィードフォワード機構、フィードバック機構、固有受容性制御、覚醒レベル、生態力学系、筋肉特性などの要因

「固有受容性姿勢制御」の画像検索結果

( *´艸`)参考文献

医療学習レポート.固有受容性姿勢制御


スポンサード・リンク