スポンサード・リンク

(^0_0^)変形性膝関節症と病態の話


「変形性膝関節症と病態」の画像検索結果

(@_@;)題名:変形性膝関節症と病態の話

変形性膝関節症は、関節軟骨の変性、摩耗に始まり、軟骨下骨の硬化、骨棟や骨嚢胞の形成、関節液の貯留や軟部組織の弛緩、関節面の陥凹などにより、関節の変形にいたる疾患である。

その発症や進行過程において関与しているすべての因子が明らかになっているわけではないが、変形性膝関節症の発症そのものには力学的な要因が大きいと考えられ、老化現象、機械的ストレスによって発症する一次性の関節症が圧倒的に多い。

膝関節を構成する、内側と外側の大腿脛骨関節と膝蓋大腿関節の3 つの関節面のどれに関節症が発生しているかで、内側型、外側型膝関節症や膝蓋大腿関節症のように分類される。

1 つの関節面だけが侵されることもあるし、2 つ以上の関節面が複合して侵される場合もある。

本邦では、内側型膝関節症が圧倒的に多く、膝蓋大腿関節症が次に多い。

外側型は稀である。

変形性膝関節症は40 歳を過ぎて発症する場合が多く、高齢者になるほど罹患率は高くなる。

病態は進行性に経過し、関節面の陥凹により関節の変形にいたる頃には、重篤な関節の可動域制限や疼痛による荷重障害などが出現する。

「変形性膝関節症と病態」の画像検索結果

(--〆)参考文献

医療学習レポート.変形性膝関節症と病態


スポンサード・リンク