スポンサード・リンク

(^0_0^)10月20日日曜日の日記

(o^O^o)meal(o^O^o)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、カレーそばを食べました。

晩ごはんは、くら寿司へ行きました。

 

(゜ロ゜)event(゜ロ゜)

今日は朝から歯医者へ行きます。

朝の準備を済ませると、昨日探した歯科医院へ行きました。

案の定、長男は怪我をしていました。

対応してもらい、ひとまずホッとしました。

帰りにうどんそば屋さんへ行ってご飯を食べました。

長男は、医院で泣いていましたが、ご飯はペロッと食べていました。

帰宅してから、大きな公園へ行きました。

みんなでどんぐりを拾いました。

その後くら寿司へ晩ごはんを食べに行きました。

子供達をお風呂へ入れて寝かしつけました。

 

(◎-◎;)health(◎-◎;)

とりあえず歯科医に見てもらえて良かった。

 

(´・д・`)study(´・д・`)

今日は、肝癌の看護(診断確定までから治療までの時期)について勉強しよう。

肝癌の早期では無症状であり、殆どはエコ-、CTスキャンなど非侵襲的な検査で発見されます。

しかし、治療方法の選択にあたっては、血管造影、腫瘍生検などの侵襲の大きい検査が必要となります。

そのため、検査の必要性を十分理解し、納得して検査が受けられるように配慮が必要であり、患者の安全、苦痛の緩和に努めなければならないです。

また、長期にわたる治療は、一定期間をおいて定期的に繰り返され、更に、長期にわたることが多いです。

そのため、身体的苦痛、精神的苦痛が大きいです。

治療に伴う合併症、副作用、身体機能の低下、肝機能の低下をまねきます。

治療の必要性を理解し、納得して治療が受けられるよう、十分な観察を行いながら、身体的苦痛を最小限にし、精神的サポ-トも行っていく必要があります。

 

(^q^)count(^q^)

日記215日目です。

スポンサード・リンク