スポンサード・リンク

(><)心臓リハビリテ一ショ ンの話


(・∀・)題名:心臓リハビリテ一ショ ンの話

心臓リハビリテーションは虚血性心疾患や心不全患者の長期予後やQOLを改善することが示されているが、その普及はまだ十分といえず臨床効果を裏付ける基礎研究も不十分であった。

最近モデル動物を用いた運動療法の効果が検討され、大動脈弁狭窄症や大動脈瘤の発症を予防することが示された。

これまでこの分野での基礎研究は乏しく今後の進展が期待される。

従来、比較的禁忌と考えられてきた重症慢性心不全患者に対するレジスタンス運動が下肢筋力を回復させ、QOL維 持に有用であることや、従来あまり取り組まれなかった肺高血圧症に対する運動療法の安全性およ び効果が報告された。

安静時肺動脈圧により運動中の圧上昇が推定可能で、それに基づく安全で効果的な運動処方が可能となる。

一方、高齢者や意欲、理解の不足による脱落例では運動療法の効果が不良であることも示され、新たな対策の必要性も明らかになった。

(ToT)参考文献

実習対策レポート.心臓リハビリテ一ショ ン


スポンサード・リンク