(^.^)11月14日木曜日の日記

(+_+)meal(+_+)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、ラーメンとおにぎりを食べました。

晩ごはんは、そばを食べました。

 

(^_^)event(^_^)

今日は、非常勤の仕事を行います。

朝から体調不良です。

咳がよく出ます。

体もだるいです。

朝の準備を済ませると、車で出勤しました。

仕事を終えて妻を迎えに行きました。

帰宅すると、家の検査が始まりました。

気になる場所を、しっかり伝えました。

まあまあ時間がかかり、体調が悪くなってきました。

体温38℃です。

体調崩れる崩れる。

体温の保温を高めて防御です。

夜には汗がでて少し楽になりました。

色々ありましたが、保温して寝ました。

 

(^人^)event(^人^)

ついに崩れる体調です。

 

(・。・)study(・。・)

今日は肘内障の治療について勉強しよう。

麻酔は不要、一側の手で上腕下部を回旋しないように固定します。

他側の手では、前腕を軽く引っ張りながらゆっくりと回外します。

時には橈骨を中枢へ押しやると同時に、完全回外位にします。

しばしば整復時に雑音または弾撥音を聞きます。

整復感を確認する意味で、術者は母指を肘屈側橈骨頭直上に置くことがコツです。

その後、前腕を回内、回外して制限がなくなったことを調べます。

整復後、小児は直ちに腕を使用し始めます。

時には自然回復されることもあります。

受傷機転が明らかでない場合は、上腕骨顆上骨折、上腕骨外側顆骨折、橈骨頭骨折など肘関節周辺の不全骨折との鑑別診断が必要となります。

 

(^o^;)count(^o^;)

日記240日目です。