スポンサード・リンク

(* ̄ー ̄)支持的精神療法と簡易精神療法の話

2013年5月27日 0

(・_・;)題名:支持的精神療法と簡易精神療法の話 支持的精神療法(簡易精神療法)は、精神分析理論にある程度根ざしてはいるが、治療者による分析・解釈をあまりせずに行う精神療法のことである。 神経症性障 […]

(*^-^*)防衛機制と種類の話

2013年5月27日 0

(:_;)題名:防衛機制と種類の話 ①自我の働き ⅰ)心には自我機能と共にエスや超自我の機能が働いている。 ⅱ)自我の発達は、外界の知覚、認知、判断、対人関係への適応をつかさどる対外的機能の発達(自我 […]

(●^o^●)小脳の話

2013年5月26日 0

(*´з`)題名:小脳の話 小脳は延髄と橋の背側にあり、第4脳室をおおっている。 小脳は小脳皮質と小脳核とに分かれる。 外見上は左右の小脳半球と中央の虫部になる。 皮質と核の結合からは、縦軸方向に正中 […]

d(⌒ー⌒)!脊髄小脳路の話

2013年5月26日 0

(^o^)題名:脊髄小脳路の話 はやく伝わるIa一線維は筋紡錘や腱器官から発して脊髄に入った後、側枝を出して分岐する。 一部は直接大きなα一前角細胞へと進み単シナプス性反射弓と結合する。 他の線維は第 […]

(^◇^)奇静脈系の話

2013年5月26日 0

(*ノ▽ノ)題名:奇静脈系の話 奇静脈系は脊柱の両側にあり、胸腹壁の血液を集めて上大静脈に注ぐ。 右側では、上行腰静脈が横隔膜を貫いて胸腔に入って奇静脈となる。 奇静脈は右肋間静脈を集め、肺根の上面で […]

(*^_^*)前庭器官の話

2013年5月23日 0

(^0_0^)題名:前庭器官の話 耳石は聴覚ではなく、前庭器に存在する。 前庭器は球形嚢と卵形嚢からなる。 この内面に平衡斑という特殊な有毛細胞の集団があり、その感覚毛の上に平衡砂(耳石)が付着してい […]

(/ー ̄;)手内在筋の話

2013年5月22日 0

(^◇^)題名:手内在筋の話 手内在筋は「手内筋」とも呼ばれ、手の骨に起始と停止がある比較的小さな筋である。 前腕筋群の粗大力を巧みに制御して、手の複雑、精巧な機能を発揮させる働きをする。 掌側の手内 […]

(#^.^#)肝臓と多彩な機能の話

2013年5月22日 0

(^_-)題名:肝臓と多彩な機能の話 機  能 内  容 中間代謝 糖代謝 グルコースの供給、グリコーゲンの合成・貯蔵、糖新生 脂質代謝 リポ蛋白質の合成、脂肪酸とコレステロールの合成。分解 蛋白質代 […]

(*^▽^*)立ち上がり動作の話

2013年5月20日 0

(+o+)題名:立ち上がり動作の話 まず立ち上がりの動作を分析する上で、座位から立位までの動作を①開始の姿勢(座位)②重心の後方移動③重心の前方移動④重心の上方移動⑤立位の5相に分ける。   […]

(。-∀-)静止姿勢と安定性の話

2013年5月20日 0

(*´з`)題名:静止姿勢と安定性の話 静止姿勢の安定性は力学的法則に従う。ある物体に方向が正反対の等しい2つの力が同時に作用するとき物体位置の変化、運動は起こらない。 この状態は平衡(equilib […]

( 〃▽〃)おたふく風邪と予防接種の話

2013年5月19日 0

(@_@;)題名:おたふく風邪と予防接種の話 おたふく風邪は、流行性耳下腺炎やムンプスとも呼ばれる感染症で、ムンプスウイルスの感染によって発病します。 おたふく風邪は、患者さんのほとんどが9歳以下 […]

(*´ω`*)インフルエンザと予防接種の話

2013年5月19日 0

(^◇^)題名:インフルエンザと予防接種の話 インフルエンザの予防接種(小児の予防) インフルエンザの予防接種について インフルエンザの予防接種は基本的に流行し始める前の11月頃に受けるのが勧め […]

(*ノ▽ノ)日本脳炎と予防接種の話

2013年5月19日 0

(^_-)題名:日本脳炎と予防接種の話 日本脳炎とは、コガタアカイエカという蚊が持っているウイルスに人が伝染することで発病する伝染病です。 日本脳炎による致死率は高く、患者の3分の1が死亡3分の1が […]

(*^ー^)ノ♪麻疹・風疹と予防接種の話

2013年5月19日 0

(^_-)題名:麻疹・風疹と予防接種の話 MRワクチンは麻疹と風疹を同時に予防できるワクチンで、1歳の時と小学校入学前の合計2回受けることになります。 麻疹は皮下注射で行います。注意していただきたいこ […]

(≡^∇^≡)肘関節屈曲の話

2013年5月18日 0

( *´艸`)題名:肘関節屈曲の話 肘関節の屈曲(0~145°) 肘jtの自動運動域は0~145°である。女性や小児では伸展時に約10°の過伸展が起こることもある。 肘屈筋と伸筋を筋収縮力で比較すると […]

(*^。^*)手関節の話

2013年5月18日 0

(^o^)題名:手関節の話 手関節は2つの前腕骨と8個の手根骨から構成される複合関節である。 ※手関節は次の3つの関節により構成される。 ①橈骨手根関節 ②手根中央関節 ③豆状骨関節   ① […]

(o≧▽゜)o手関節尺屈の話

2013年5月18日 0

( *´艸`)題名:手関節尺屈の話 手関節の尺屈(0°~55°)   主動作筋 ●尺側手根屈筋 ●尺側手根伸筋   尺屈の制限 ●外側手根側副靭帯の緊張   尺屈の運動範 […]

(´∇`)手関節背屈と主動作筋の話

2013年5月18日 0

(・_・;)題名:手関節背屈と主動作筋の話 手関節の背屈(0~70°)   主動作筋 ●長橈側手根伸筋 ●短橈側手根伸筋 ●尺側手根伸筋 補助筋 ●総指伸筋 ●示指伸筋 ●小指伸筋 ●長母指 […]

(σ≧▽≦)σ肩関節内転の話

2013年5月18日 0

(*´з`)題名:肩関節内転の話 肩関節の内転 (0°)   主動作筋 ●大胸筋(胸腹部) ●広背筋 ●大円筋 補助筋 ●大胸筋(鎖骨部) ●烏口腕筋 ●肩甲下筋 ●上腕二頭筋(短頭) ●上 […]

( 〃▽〃)膝関節屈曲の話

2013年5月18日 0

((+_+))題名:膝関節屈曲の話 膝関節の屈曲 (0~130°) 屈曲角度は股jt屈曲位では大きく、伸展位では小さくなる。他動的には160°くらいまで屈曲可能で、踵部を殿部につけることができる。 膝 […]

(/。\)下腿部と筋の話

2013年5月18日 0

(*^。^*)題名:下腿部と筋の話 膝窩筋 起始:膝関節包(大腿骨の外側顆への強い腱により) 大腿骨(外側顆、前面の膝窩面) 弓状膝窩靱帯 膝関節の外側半月板 付着:脛骨(ヒラメ筋線より上方にある後三 […]

ヽ(^。^)ノ半月板損傷の話

2013年5月16日 0

半月板損傷 1.疾患の概説 膝の半月板損傷は、靱帯損傷を合併するものと、半月板単独損傷に分けられる。全半月板損傷の約60%は靱帯損傷を合併するといわれている。合併する靱帯損傷としては前十字靱帯損傷が最 […]

(T_T)後十字靭帯損傷の話

2013年5月16日 0

■受傷機転 後十字靭帯(PCL)は前十字靭帯(ACL)に比べ約2倍の太さと力学的強度を有するため、その損傷は大きな外力を要する。したがって非接触型スポーツ外傷による損傷はまれで、スポーツ中の激しい接触 […]

o(*⌒―⌒*)o内側側副靭帯損傷の話

2013年5月16日 0

(#^^#)題名:側側副靭帯損傷の話 ●受傷機転 内側側副靭帯損傷は膝の靭帯損傷のなかでも最も頻度の高い外傷である。スポーツ活動ではコンタクトプレーにより受傷するほか、ジャンプの着地、急激なストップ・ […]

(゜〇゜;)特殊な疼痛に対する理学療法の話

2013年5月16日 0

(‘◇’)ゞ題名:特殊な疼痛に対する理学療法の話 A.痛みの病態生理 1.痛みの意義 痛みとは生体に対する警告信号であり、痛みによって生体は安静の必要性を認識し、その後の治癒が […]

(;・∀・)頭頚部の話

2013年5月16日 0

1.顔面と頭蓋の前面観 頭蓋で触診、視診できる最高点である頭頂(点)vertexを確かめる。 眼窩上縁と眉弓(supraciliary arch)を触診する。 男の眉弓は女性、子どもよりも隆起している […]

(*^▽^*)腎不全の話

2013年5月15日 0

(=_=)題名:腎不全の話  腎不全とは、高度の腎障害のために生体の内部環境の恒常性を維持できなくなった状態をいう。本症は、短期間で急激な腎機能の悪化をきたす急性腎不全と、慢性の腎疾患が徐々に進行して […]

(´д`|||)腔内照射の話

2013年5月15日 0

(@_@;)題名:腔内照射の話 疾患の概説  子宮頚癌とは、子宮頚部に原発した癌を子宮頚癌といい婦人科疾患の80%を占めている。子宮頚癌の87%は扁平上皮癌であり、残りが腺癌または両者の混合型である。 […]

ヽ(・∀・)ノ子宮内膜症の話

2013年5月15日 0

!(^^)!題名:子宮内膜症の話  子宮内膜様組織が正常の子宮内膜以外に異所性に増殖・発育し、種々の自覚症状を呈する疾患である。発生原因としては、(1)内膜組織が月経血の逆流により異所性に生着する(2 […]

(o⌒∇⌒o)切断指の話

2013年5月13日 0

(#^.^#)題名:切断指の話  外傷等により皮膚、動脈、静脈、神経、腱、骨が切断された状態。特に何らかの作業中に起こることが多い。切断指は4℃で保存することができれば、30時間以内において十分再接着 […]

(*^O^*)神経因性膀胱の話

2013年5月12日 0

(@_@;)題名:神経因性膀胱の話  膀胱の機能に関与している神経が障害を受け、その結果として膀胱が正常な機能を維持出来なくなった状態をいう。神経因性膀胱には、無抑制神経因性膀胱・反射性神経因性膀胱・ […]

(“⌒∇⌒”)心肺蘇生の話

2013年5月12日 0

(^0_0^)題名:心肺蘇生の話  心肺蘇生法が必要とされる状況は呼吸停止または心停止状態である。この時患者は瀕死の状態であり、早急な治療が必要とされる。これらの早期対応が患者の今後の回復過程を左右す […]

(⌒‐⌒)心臓カテーテル検査の話

2013年5月12日 0

(#^.^#)題名:心臓カテーテル検査の話 心臓カテ-テル検査とは  末梢の動脈、あるいは静脈から大血管や心臓内へカテ-テルを挿入し、心臓、大血管内の圧曲線分析、血液ガス分析、心拍出量測定、選択的心臓 […]

1 2 3