スポンサード・リンク

(* ̄ー ̄)支持的精神療法と簡易精神療法の話

2013年5月27日 0

(・_・;)題名:支持的精神療法と簡易精神療法の話 支持的精神療法(簡易精神療法)は、精神分析理論にある程度根ざしてはいるが、治療者による分析・解釈をあまりせずに行う精神療法のことである。 神経症性障 […]

(*^-^*)防衛機制と種類の話

2013年5月27日 0

(:_;)題名:防衛機制と種類の話 ①自我の働き ⅰ)心には自我機能と共にエスや超自我の機能が働いている。 ⅱ)自我の発達は、外界の知覚、認知、判断、対人関係への適応をつかさどる対外的機能の発達(自我 […]

d(⌒ー⌒)!脊髄小脳路の話

2013年5月26日 0

(^o^)題名:脊髄小脳路の話 はやく伝わるIa一線維は筋紡錘や腱器官から発して脊髄に入った後、側枝を出して分岐する。 一部は直接大きなα一前角細胞へと進み単シナプス性反射弓と結合する。 他の線維は第 […]

(^◇^)奇静脈系の話

2013年5月26日 0

(*ノ▽ノ)題名:奇静脈系の話 奇静脈系は脊柱の両側にあり、胸腹壁の血液を集めて上大静脈に注ぐ。 右側では、上行腰静脈が横隔膜を貫いて胸腔に入って奇静脈となる。 奇静脈は右肋間静脈を集め、肺根の上面で […]

(*^_^*)前庭器官の話

2013年5月23日 0

(^0_0^)題名:前庭器官の話 耳石は聴覚ではなく、前庭器に存在する。 前庭器は球形嚢と卵形嚢からなる。 この内面に平衡斑という特殊な有毛細胞の集団があり、その感覚毛の上に平衡砂(耳石)が付着してい […]

(/ー ̄;)手内在筋の話

2013年5月22日 0

(^◇^)題名:手内在筋の話 手内在筋は「手内筋」とも呼ばれ、手の骨に起始と停止がある比較的小さな筋である。 前腕筋群の粗大力を巧みに制御して、手の複雑、精巧な機能を発揮させる働きをする。 掌側の手内 […]

(#^.^#)肝臓と多彩な機能の話

2013年5月22日 0

(^_-)題名:肝臓と多彩な機能の話 機  能 内  容 中間代謝 糖代謝 グルコースの供給、グリコーゲンの合成・貯蔵、糖新生 脂質代謝 リポ蛋白質の合成、脂肪酸とコレステロールの合成。分解 蛋白質代 […]

(*^▽^*)立ち上がり動作の話

2013年5月20日 0

(+o+)題名:立ち上がり動作の話 まず立ち上がりの動作を分析する上で、座位から立位までの動作を①開始の姿勢(座位)②重心の後方移動③重心の前方移動④重心の上方移動⑤立位の5相に分ける。   […]

(。-∀-)静止姿勢と安定性の話

2013年5月20日 0

(*´з`)題名:静止姿勢と安定性の話 静止姿勢の安定性は力学的法則に従う。ある物体に方向が正反対の等しい2つの力が同時に作用するとき物体位置の変化、運動は起こらない。 この状態は平衡(equilib […]

(*ノ▽ノ)日本脳炎と予防接種の話

2013年5月19日 0

(^_-)題名:日本脳炎と予防接種の話 日本脳炎とは、コガタアカイエカという蚊が持っているウイルスに人が伝染することで発病する伝染病です。 日本脳炎による致死率は高く、患者の3分の1が死亡3分の1が […]

1 2 3 7