スポンサード・リンク

p(・・,*)脳卒中の起立性低血圧と治療の話

2014年12月31日 0

((+_+))題名:脳卒中の起立性低血圧と治療の話 ●起立性低血圧 起立性低血圧は、起立時に低血圧を起こすもので、起立時の血管運動反応の欠損が原因である。起立によって収縮期血圧が25mmHg、拡張期血 […]

(≡^∇^≡)脊髄損傷と解剖生理からリハビリの話

2014年12月31日 0

( ^ ^)題名:脊髄損傷と解剖生理からリハビリの話 1)脊髄 脊柱は身体の中軸をなす骨格部で、体幹の支持と運動に役立つ器官でもある。また各椎体の後方に椎弓を有し、椎孔の連続によって生じた脊柱管によっ […]

( ^∀^)切断と解剖生理からリハビリの話

2014年12月31日 0

( -ω-)題名:切断と解剖生理からリハビリの話 切断の三大原因は外傷・悪性腫瘍・末梢循環障害である。 ①外傷‐創部治癒不良→感染→生命危機 挫滅創やdegloving injury、粉砕骨折で治癒が […]

(*´ω`*)酸塩基平衡の話

2014年12月31日 0

(#^.^#)題名:酸塩基平衡の話 体内の正常な酸塩基平衡は’動脈血で種々の緩衝系によって正常域に保たれている。 酸塩基平衡の乱れは、ある濃度の変化により知ることができる。 血漿のpHが基 […]

(o^-^o)変形性股関節症と解剖生理からリハビリの話

2014年12月31日 0

( ̄¬ ̄)題名:変形性股関節症と解剖生理からリハビリの話 股関節の基礎知識 成人になると長骨、坐骨、恥骨は癒合し、寛骨-つとなる。しかし、小児では、まだ3つの骨が癒合されていない。Y軟骨は、長骨、坐骨 […]

(o⌒∇⌒o)動脈硬化症の話

2014年12月31日 0

(^_-)題名:動脈硬化症の話 動脈硬化症arteriosclerosisの中では臨床上最も重要である。 比較的初期に見る内膜の隆起はアテローム斑と呼ばれ線維性被膜が飛沫細胞とその壊死産物、中性脂肪、 […]

(゜▽゜*)小脳症候の話

2014年12月31日 0

(~_~;)題名:小脳症候の話 起立位の障害(体幹運動失調) 起立位で身体は前後左右に不規則にゆれ動き、この不安定さのため両足を左右に広げて支持面を広くし、上肢を外転させて平衡を保とうとする。軽症例で […]

(/_;)/大動脈弁狭窄症の話

2014年12月31日 0

(ー_ー)!!題名:大動脈弁狭窄症の話 大動脈弁狭窄症(AS)は大動脈弁の変性・癒着により弁口の狭窄を起こし、弁が十分に開かなくなるために種々の症状が起こる疾患である。 大部分がリウマチ性であるが、高 […]

(o^・^o)モビライゼーションと効果の話

2014年12月30日 0

(´・ω・`)題名:モビライゼーションと効果の話 安静肢位あるいは実際の安静肢位におけるたわみを取り除く範囲内での牽引のモビライゼーションは、治療の選択肢として、症状をコントロールするためにまず試みら […]

(´・ω・`)運動とホルモンの話

2014年12月30日 0

(´・ω・`)題名:運動とホルモンの話 運動トレーニング効果は骨格筋のみならず神経系、呼吸循環器系や内分泌系など各系に影響を及ぼす。運動トレーニングの内容によって効果は異なる。 トレーニングによりイン […]

(*^-^*)くる病の話

2014年12月30日 0

((+_+))題名:くる病の話 パソコンに何時間もかじりついている子どもは慢性的なビタミンD不足が原因で足の骨の変形や成長不全を引き起こす「くる病」になるリスクが高まる可能性がある。 最近の子どもは昔 […]

(。-∀-)滑膜と関節液の話

2014年12月29日 0

( `ー´)ノ題名:滑膜と関節液の話 滑膜は関節腔の内面を覆う膜で,滑膜の細胞で産出される粘稠性の高い液を関節液という。 正常関節液は透明、300個/mm3以下の白血球を含む。炎症では白血球数が増加す […]

(*^▽^*)骨と血管の話

2014年12月29日 0

(`ー´)ノ題名:骨と血管の話 長管骨の骨幹には2系統の血管分布がある。 1つは少数のやや太い動脈が栄養孔から緻密質を貫いて骨髄に達し、骨髄および海綿質に酸素と栄養を与えるとともに フォルクマン管に細 […]

( ̄ー ̄)ワーキングメモリと動作の話

2014年12月29日 0

(~_~;)題名:ワーキングメモリと動作の話 ヒトは日常生活を送る上で、周りの環境から様々な情報を受けて、それを同時並列的に処理しながら行動している。 具体的には歩く・立つなど単純な動作だけでなく「足 […]

(・。・)立ち直り反射の話

2014年12月29日 0

(^O^)題名:立ち直り反射の話 ネコを逆さに落すと空中で立ち直る。 これを立ち直り反射という。 立ち直り反射は(i)迷路から起こる反射、(ii)体表面に加わる非対称的刺激から起こる頭部立ち直り反射、 […]

(/o\)聴神経腫瘍の話

2014年12月29日 0

(^0_0^)題名:聴神経腫瘍の話  良性腫瘍であり、脳腫瘍の7~8%を占める。腫瘍は聴神経(聴力に関係する蝸牛神経と平衡感覚に関係する神経から成る)の前庭神経の部より発生する。また、この神経がシュワ […]

(´・c_・`)アカラシアの話

2014年12月29日 0

“(-“”-)”題名:アカラシアの話 食道性無弛緩症、特発性食道拡張症あるいは特発性噴門痙攣症ともいう。 食道下部(下部食道噴門部)、筋層内にあるアウエ […]

(* ̄ー ̄)足とアーチの話

2014年12月29日 0

(^◇^)題名:足とアーチの話 足部骨格の全体の配列は上方に隆起した軽い弯曲を示し、外観からは“土ふまず”として認められる。これを足のアーチといい、力学的に合理的な荷重支持に役立っている。足のアーチは […]

ヽ(・∀・)ノ前庭の話

2014年12月29日 0

m(_ _)m題名:前庭の話 前庭は内耳に属し、平衡覚に関する受容器がある。 前庭の膜迷路には、大きい卵形嚢と小さい球形嚢があり、これらは細い管によって結ばれている。これらの嚢の内面には平衡感覚を感受 […]

d=(^o^)=bクラインフェルター症候群の話

2014年12月28日 0

( 一一)題名:クラインフェルター症候群の話 クラインフェルター(Klinefelter)症候群は性染色体異常の一つで、過剰なⅩ染色体をもつ男性に起こる性腺機能不全症である。 身体を構成する細胞中に2 […]

(*゚ー゚*)脳の解剖と生理の話

2014年12月28日 0

(~_~;)題名:脳の解剖と生理の話 ●終脳 終脳は左右両側の大脳半球からなり、間脳や中脳を覆っている。 大脳半球の表層は灰白質ででき大脳皮質といわれ、深部は白質で大脳髄質といわれる。深部の中にも灰白 […]

( ・∇・)血液組織関門の話

2014年12月28日 0

(^o^)題名:血液組織関門の話 薬物は血液から組織間液に移行して、作用部位に到達する。 物質の組織への移行は毛細血管で行われ、毛細血管壁が血液組織関門となる。 脳と脊髄では、一部を除き血管内皮細胞は […]

(*^-^*)整形外科の話

2014年12月28日 0

(´・ω・`)題名:整形外科の話 整形外科は身体の運動器を専門に扱う診療科です。 例えば外傷による骨折、捻挫など。 病気や疾病としての腰痛、肩こり、関節痛、五十肩、椎間板ヘルニア、リウマチ、骨粗鬆症な […]

(*´ω`*)糖質コルチコイドの話

2014年12月28日 0

(^O^)題名:糖質コルチコイドの話 他の免疫抑制薬とともに、臓器移植時の拒絶反応の予防・治療、あるいは自己免疫疾患の治療に用いられる。 多くの副腎皮質ステロイ ドの中で免疫抑制薬として用いられる。 […]

(*´ー`*)肩と靭帯の話

2014年12月27日 0

!(^^)!題名:肩と靭帯の話 関節上腕靭帯:関節包が周囲の筋の腱で補強されている以外のところで、主に深層の線維の集団で肥厚する部である。特に前壁を内面から見るときに他の部と判別できる。関節上腕靭帯に […]

( ; ゜Д゜)腰痛と評価の話

2014年12月27日 0

((+_+))v題名:腰痛と評価の話 問診(一般的情報に加え特に重要なものだけ列挙) ●疼痛について 部位、種類、期間、持続性、増悪・緩解姿勢、エピソード等は詳しく聞いておきましょう。また、これ以外に […]

( ´,_ゝ`)フロイトの話

2014年12月27日 0

(^0_0^)題名:フロイトの話 フロイト 精神分析によってヒステリーや強迫性障害の治療に取り組んだ。 催眠によらない日常意識状態において、主として過去の記憶・感情・家族関係などを想起させていくという […]

o(*⌒―⌒*)o骨粗鬆症の話

2014年12月27日 0

(*´з`)題名:骨粗鬆症の話 骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状をいう。 骨折は一般に強い外力が加わった場合に起こるが、骨粗鬆症においては、日常生活程度の負荷によ […]

(* ̄ー ̄)先天性股関節脱臼と先天股脱の話

2014年12月27日 0

( 一一)題名:先天性股関節脱臼と先天股脱の話 概念 出生前および出生後(出生時)に大腿骨頭が関節包の中で脱臼している状態(関節包内脱臼)を先天性股関節脱臼と称する。以前は先天股脱と称されていたが、奇 […]

(///ω///)♪尿細管の話

2014年12月27日 0

(‘ω’)題名:尿細管の話 ・原尿は尿細管で再吸収されて濃縮されるとともに、代謝産物が分泌されて、尿ができる。 ・尿細管の始まりの部分は近位尿細管である。近位尿細管直部は単層立 […]

1 2 3