スポンサード・リンク

(´・ω・`)心筋梗塞の話

2017年10月29日 0

非常に強い胸痛発作がある。 典型的な異常所見はST上昇、異常Q波、冠性T(T波の逆転)など示す。 心筋に含まれていた酵素が血液中に流出して、血中濃度が上昇する。 血流が遮断されると当然造影剤の流れも遮 […]

ヽ(^○^)ノ閉塞栓動脈硬化症の話

2017年10月29日 0

四肢の主幹動脈が徐々に狭窄あるいは閉塞し、その末梢組織の循環障害をきたす疾患である※1慢性動脈閉塞症のひとつ〔他に※2Buerger(バージャー)病(TAO)などがある〕中年以降の男性に好発し、高血圧 […]

(´д`|||)ギラン・バレー症候群の話

2017年10月29日 0

急性に四肢の脱力が出現する、運動神経の障害を中心とする炎症性のニューロパチー(末梢神経障害)である。原因は不明であるが、前駆症状の上気道炎や胃腸炎、下痢などの感染症に髄患したのち1~3週間後に発症する […]

(^〇^)ネフローゼ症候群患児と看護の話

2017年10月25日 0

1.腎臓の仕組みと働き ①腎臓の仕組み *腎臓 腎臓は第12胸椎から第3腰椎の高さに位置して、後腹膜腔内に左右一個ずつある。大きさは長さ約10cm×幅約5cm×厚さ約3cm、重量は約120g。 腎臓は […]

(*^_^*)大腿骨骨幹部骨折の話

2017年10月25日 0

大腿骨骨幹部骨折とは  骨折とは、骨に直達あるいは介達外力が働き、骨あるいは軟骨組織の連続性が断たれた状態をいう。完全に連続性が絶たれた場合を完全骨折といい、一部連続性が残っている場合を不完全骨折とい […]

(^〇^)興奮収縮連関の話

2017年10月25日 0

筋線維の細胞膜に発生する活動電位(興奮)が筋線維の収縮を起こす一連の過程を筋の興奮収縮連関という。 そこで、興奮が収縮をもたらしそれが弛緩するまでの過程を述べる。 中枢からの刺激は活動電位により電気信 […]

(゜m゜;)心不全の話

2017年10月20日 0

心不全とは「心機能低下により、全身の組織代謝に必要な血液量を駆出できない状態、あるいはそれが心室充満圧の上昇によってのみ可能な状態」である。 心臓はポンプとして、臓器、組織が必要とする血液を送り出して […]

(/o\)血管内手術とアンギオの話

2017年10月20日 0

経皮的に大腿動脈より頭蓋内血管にカテーテルを挿入し、目的の血管を閉塞・開通・拡張する治療である治療後、血栓形成、閉塞予防のため抗凝固療法を行なう 対象及び目的 脳動脈瘤:瘤内にコイルを留置し出血を予防 […]

(* ̄▽ ̄*)熱性けいれんの話

2017年10月19日 0

熱性けいれんとは  38度以上、特に39~40度の発熱に伴うけいれんで、さらに、けいれんの原因となるような中枢神経感染症、水分・電解質不均衡、器質的異常等に明らかな異常がみられない場合に熱性けいれんと […]

ヾ(@゜▽゜@)ノ肩関節屈曲の話

2017年10月18日 0

肩関節の屈曲 (0~180°) 肩jtの屈曲は肩甲骨と鎖骨の動きを伴う。 ●肩甲骨:屈曲60°以上になると、2°屈曲するごとに肩甲骨は1°上方回旋する。 ●鎖骨:上腕骨の屈曲90°までは胸鎖関節を運動 […]

1 2 3