スポンサード・リンク

(^.^)8月27日火曜日の日記

(;_;)/~~~meal(;_;)/~~~

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳とヨーグルトを食べました。

昼ごはんは、パンとコーヒーを食べました。

晩ごはんは、ハムカツを食べました。

 

(^_^ゞevent(^_^ゞ

今日は、火曜日です。

特別用事は、なかったかな。

朝の準備を済ませると、電動自転車にて出勤しました。

午前は病棟で働き、午後は外回りを行いました。

べたっとする気候です。

帰宅すると、みんなでご飯を食べまsいた。

子供達をお風呂へ入れて、寝かしつけました。

まったり、スーパーロボット大戦を行い ながらねました。

 

(*^.^*)health(*^.^*)

とりあえずスーパーロボット大戦です。

 

(^0_0^)study(^0_0^)

今日は、横隔膜ヘルニアについて勉強しよう。

腹腔、後腹膜腔の臓器または組織が、横隔膜の裂孔を通じて胸腔内に脱出した状態です。

臨床所見は、全く無症状のこともあるが、脱出臓器に起因する症状が現れます。

食道裂孔ヘルニアは胃が脱出するので、心窩部痛、腹部膨満感、嘔吐、便秘などを呈します。

胸腔内蔵機圧迫のため、心悸亢進、頻脈、狭心症様発作、チアノーゼ、胸痛、呼吸困難が現れます。

Bochdalekヘルニアでは結腸、小腸が脱出し、小児に多いこともあって症状は強烈です。

Morgagniヘルニアの内容は大網、時に肝、胃、腸、胆嚢であるが無症状のことが多いです。

Bochdalek およびMorgagniヘルニアでは、心、肺などに奇形や発育不全を合併することが多いです。

外傷性ヘルニアは、交通事故など強力な外力が加わり、胸腹膜、横隔膜の損傷が起きた場合です。

呼吸循環障害とヘルニア臓器の機能障害が現れます。

ショック、呼吸困難、腹痛、嘔吐など多彩な症状を呈します。

横隔膜ヘルニアとは、横隔膜に穴が開き、腹部の内臓が胸腔(きょうくう)内に入り込んだ状態です。

横隔膜とは、肺の下に位置して、胸部と腹部を区切る膜です。

この筋肉層の丈夫なドーム状の膜が上下することによって呼吸ができますが、完全に区切られているわけではなく、大動脈裂孔、大静脈裂孔、食道裂孔という3つの穴が開いていて、そこがヘルニアを起こしやすい部分となっています。

横隔膜ヘルニアには、外傷によるものと非外傷のものがあり、非外傷のものには、さらに先天性と後天性のものがあります。

 

( ̄^ ̄)count( ̄^ ̄)

日記161日目です。

スポンサード・リンク