スポンサード・リンク

“(-“”-)”8月28日水曜日の日記

(*^▽^*)meal(*^▽^*)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳とヨーグルトを食べました。

昼ごはんは、おにぎりと、カップ焼きそばを食べました。

晩ごはんは、親子丼を食べました。

 

(*^^)event(*^^)

今日はイライラしました。

朝の準備を済ませると、電動自転車にて出勤しました。

午前は外回りを行い、午後は病棟で働きました。

外回りは、ドタキャンありました。

残業タイムで、事務より新規の利用者について話がありました。

私は、乗り気ではないですが、進めてきます。

イライラです。

この職場のシステム上、常にオーダーは私にきます。

どうかしている。

帰宅してもずっとイライラしていました。

やや職場の変更も考えました。

 

(‘_’)health(‘_’)

全然寝付けません。

 

( *´艸`)study( *´艸`)

今日は、腰椎椎間板ヘルニアについて勉強しよう。

腰椎椎間板ヘルニアの発症素因、発症機序、消退機序などは、膀胱直腸障害を呈した急性馬尾麻痺症例などの重篤とされるものを除いて、診断名も含めて未だ統一されておらず、明確な治療法の概念もないため、数多くの異なった治療法が選択されています。

また、世界的にも手術療法を主体とした観血的治療法や薬物療法に関する報告は数多いが、理学療法などの保存療法に関する報告は少ないです。

さらに、わが国ではさまざまな代替療法や民間療法が存在し、よりこの疾患の評価と治療を複雑化させています。

腰椎椎間板ヘルニアは自然経過で軽快するものが多いといわれています。

現在までの研究では腰椎椎間板ヘルニアのおよそ80-85%の症例は自然経過で軽快すると報告されています。

手術以外のいわゆる保存的療法としては、安静・腰椎コルセットの装着・腰椎牽引や腰部マッサージなどが行われます。

痛みが高度の場合には腰部硬膜外神経ブロックなどの鎮痛を目的とした治療法も行われます。

内服薬としては、鎮痛消炎剤・筋弛緩剤・ビタミン剤などが投与されます。

これらの保存的療法が無効の場合には、手術的治療法が行われます。

 

(‘ω’)ノcount(‘ω’)ノ

日記162日目です。

スポンサード・リンク