スポンサード・リンク

( ´_ゝ`)自律神経機能と体温調節のQ&A


(;;◕ω◕;)💭question

生理機能及び自律神経機能の発達とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

生理的(自律神経系)組織は最初に機能が完成する組織系の一つです。

在胎週数が満期(38週から40週)まで健康な乳児は、母親から独立して生命維持に必要な全ての組織系の働きを完了させています。

出生時、健康な満期産児は以下のような機能を自立させることができるようになっていなければならないです。

年齢相応の代謝機能、体温調節機能、心臓血管系機能、呼吸系機能、胃腸系機能、腎臓を含めた排泄機能、等です。

 

(;;◕ω◕;)💭question

体温調節の発達とはなんですか?

(..◕‿◕.)💬answer

乳児は体温調節を化学機構や代謝機構を通して行います。

また同時に身震いという身体反応でも体温調節の状態を示しています。

この自律神経系機構は在胎36週から38週までに成熟します。

体温調節の欠如は、早産児が出生時に直面する非常に重大な問題の一つです。

未熟児は、寒さに対する代謝反応が未発達であり、身震いによって寒さに反応する能力を持たないです。

保育器導入以前は、未熟児の新生児期死亡原因は体温調節能力の欠如によるものが第一でした。

保育器は、こういった乳児が生きていくために非常に必要な体温調節を援助する役割を果たした。

温度調節援助の範囲は乳児の未熟性の程度に左右されます。

生後4日間は適切な体温を維持するために次のような温度環境が必要です(おおよその基準)。

出生時体重1200g未満の乳児は34~35.5℃、1200~1500gの場合は33~34.5℃、1501~2500gの場合は32.5~34℃です。

2500g以上の新生児は肌着を着たり薄い毛布をかけていれば普通の温度環境(28~31℃)で通常問題がないです。


スポンサード・リンク