スポンサード・リンク

(~_~メ;)変形性膝関節症と歩行の話


「変形性膝関節症と歩行」の画像検索結果

(@_@;)題名:変形性膝関節症と歩行の話

本邦における膝OAの潜在患者数は2530万人、有疾患者数は780万人と推定されて います。

膝OA患者は健常者と比較して歩行速度が有意に低下することを報告されています。

膝OA患者は健常者と比較して歩行周期にわたり膝屈曲角度が減少することを報告されています。

歩行能力の低下は転倒との関連性が高いことが報告されています。

膝OA 患者の歩行速度は疼痛や脚伸展筋力と有意な相関を示すことを報告されています。

歩行速度が低下することによって、転倒のリスクが増加すると報告されています。

成人健常者を対象に歩行速度と年齢、性別、身長、体重、および下肢筋力の関連性について検討し、歩行速度と年齢、身長、および下肢筋力は有意な相関を示したことを報告されています。

膝屈曲筋であるハムストリングスは立位姿勢において体幹の前方動揺を制御し、特に身体を前方へ移動させる歩行動作では遊脚期後半から接地期の運動制御に寄与すると報告されています。

人工股関節全置換術患者の両脚立位から片脚立位への移行動作について調査され、ハムストリングスは動作開始前に活動することで立位での姿勢安定性に重要な役割を果たしていると述べられています。

遊脚期後半から接地期のハムストリングスにかかる筋張力は、動作速度が速くなるほど大 きくなることが報告されています。

歩行時の膝周囲筋の筋活動について調査され、膝OA 患者ではハムストリングスによる同時収縮が健常者と比較して増加していると報告されています。

「変形性膝関節症と歩行」の画像検索結果

(^o^)参考文献

Yoshimura N, Muraki S, Oka H, et al.: Prevalence of knee osteoarthritis, lumbar spondylosis, and osteoporosis in Japanese men and women: the research on osteoarthritis/ osteoporosis against disability study. J Bone Miner Metab, 2009, 27(5): 620-628.

Watanabe H, Urabe K, Takahira N, et al.: Quality of life, knee function, and physical activity in Japanese elderly women with early-stage knee osteoarthritis. J Orthop Surg (Hong Kong), 2010, 18(1): 31-34

Nagano Y, Naito K, Saho Y, et al.: Association between in vivo knee kinematics during gait and the severity of knee osteoarthritis. Knee, 2012, 19(5): 628-632.

Shumway-Cook A, Brauer S, Woollacott M: Predicting the probability for falls in community-dwelling older adults using the timed up & go test. Phys Ther, 2000, 80(9): 896-903.

Barker K, Lamb SE, Toye F, et al.: Association between radiographic joint space narrowing, function, pain and muscle power in severe osteoarthritis of the knee. Clin Rehabil, 2004, 18(7): 793-800.

Muraki S, Akune T, Oka H, et al.: Physical performance, bone and joint diseases, and incidence of falls in Japanese men and women: a longitudinal cohort study. Osteoporos Int, 2013, 24(2): 459-466.

Bohannon RW: Comfortable and maximum walking speed of adults aged 20-79 years: reference values and determinants. Age Ageing, 1997, 26(1): 15-19.

山本利春:スポーツにおける筋損傷・筋障害 肉離れのリ ハビリテーション トレーナーの立場から.臨床スポーツ医学, 2000,17: 695-705.

小林 巧,山中正紀,神成 透・他:人工股関節全置換術後における両脚立位から片脚立位移行時の筋活動パターン. 北海道理学療法,2014,31: 26-30.

Hewett TE, Lindenfeld TN, Riccobene JV, et al.: The effect of neuromuscular training on the incidence of knee injury in female athletes. A prospective study. Am J Sports Med, 1999, 27: 699-706.

Nha KW, Dorj A, Feng J, et al.: Application of computational lower extremity model to investigate different muscle activities and joint force patterns in knee osteoarthritis patients during walking. Comput Math Methods Med, 2013, doi: 10.1155/2013/314280.


スポンサード・リンク