スポンサード・リンク

(*^_^*)切断者とリハビリテーションの話


「切断者とリハビリテーション」の画像検索結果

(*^。^*)題名:切断者とリハビリテーションの話

術前理学療法

1)チームの各メンバーの決定、カンファレンス

医師より患者へ説明状況を聞く。

医師より切断高位、手術方法を聞く。

術後の治療計画の決定

(術後の管理方法・義足アプローチの説明)

リスク面、管理面の把握

各メンバーの役割・準備するものの確認

 

2)患者への指導、説明(家族等も含め)

術後の義足アプローチの説明

義足の説明(構造、機能)

身体障害者手帳の手続きの指導、義足の支給体制について

靴・短パンの用意

坐骨結節・長内転筋の位置を教える。

幻肢についての説明

 

3)術前訓練(運動療法)

筋力増強訓練(大腿四頭筋のセッティング等)

関節可動域訓練

バランス訓練

姿勢訓練

松葉杖歩行訓練

ADL訓練(移乗等)

呼吸訓練

 

術後理学療法

浮腫の予防

弾性包帯を巻く(大腿骨遠位部に枕をいれて浮腫を防ぐと屈曲拘縮が起こる)

ROMex

大腿切断の場合股関節屈曲・外転拘縮を伴いやすい

トーマス肢位をとらせてストレッチor側臥位で股関節伸展へのストレッチ

股関節ROMexの際は、大転子の動きを確認しながら行う。

呼吸法トレーニング

筋力トレーニング

断端トレーニング

断端の感覚、断端が外力に対応できるようにするために断端の周りを叩く。

筋力トレーニング

荷重部を鍛えるために、坐骨結節部をイス等にのせて荷重する。

健側のバランス訓練

片足立ち、ケンケン、キャッチボール、上肢支持での健側歩行、スクワット

「切断者とリハビリテーション」の画像検索結果

(^0_0^)参考文献

医療学習レポート.切断者とリハビリテーション


スポンサード・リンク