スポンサード・リンク

((+_+))慢性B型肝炎と治療の話


(#^.^#)題名:慢性B型肝炎と治療の話

肝臓は再生可能な器官である。

肝硬変や癌になる前に治してください。

慢性B型肝炎の治療の目的は、主に疾患の進行を抑制すること、肝硬変・肝癌への進行を防止することである。

現在行われている治療は、大きく3つあります。

●インターフェロン療法

ウイルスの増殖を抑制します。

肝炎を根絶するための処理であり、ウイルスの増殖を抑制することができる。

非常に高いウイルス量が体内にあるので、B型肝炎の場合には、C型肝炎と比較しても、インターフェロンは、ウイルスを除去することは困難であり、C型肝炎のような効果は期待できない。

少ないウイルス量に有効である。

通常は、約1ヶ月毎日に使用する方法をとられている。

●免疫力を上げる

薬物と免疫力を大きくすることで、ウイルスの増殖が抑制されます。

免疫を増加させる方法は3つのタイプがある。

1.ステロイドリバウンド療法

ステロイド薬は、免疫機能を抑制する作用がある。

1ヶ月集中でこれを使用します。

すると、今まで抑制された反応で、免疫力が急激に増加、肝炎ウイルスを攻撃します。

言い換えれば、抑えられていた反応で免疫力を高め、治療します。

2.有機ゲルマニウム投与

有機ゲルマニウムは徐々に薬剤耐性を増加している。

4-5ヶ月続くステロイドより、私たちは少しずつ免疫力が増加します。

いずれかに当てはまる以下のうち、有機ゲルマニウムの使用を避ける必要がある。

○GOTの​​値がGPTより高い

○Α-フェトプロテイン(AFP)が高い値である

○肝硬変である

3.小柴胡湯の投与

小柴胡湯は徐々に免疫増加していく漢方薬である。

(^0_0^)参考文献

医療学習レポート.慢性B型肝炎と治療


スポンサード・リンク