スポンサード・リンク

(@_@)狭心症の話


(p_-)題名:狭心症の話

狭心症は心筋が一過性に虚血、つまり酸素欠乏に陥ったために生じる胸部またはその隣接部の特有な不快感(狭心痛)を主症状とする。

分類は、労作によって誘発される労作狭心症、安静時に出現する安静狭心症に分け、安静狭心症のうち発作時に心電図のSTが上昇する型は異常狭心症という。

狭心痛の特徴は、前胸部が“絞めつけられる”“圧迫される”などの胸部絞扼感や胸部圧迫感として訴えられる。

狭心痛は通常前胸部、特に胸骨の裏側に感じられる。

しばしば前胸部以外の場所へ放散するが、これは発作の強い場合にみられる。

狭心痛の発作は通常数分以内に消失する。

労作によって誘発される狭心症は安静によって通常1~2分で消失する。

安静狭心症の中には5~15分、さらに30分くらいまで持続する。

強い狭心痛が30分以上持続するものを急性心筋梗塞を疑う。

発作はニトログリセリンの舌下投与により通常2~3分で消失する。

 

狭心症の最大の原因は動脈硬化であり、この進行を少しでも遅くすること が大切だ。

動脈硬化を促進するものとして、第一に血液中のコレステロー ルや中性脂肪など血液中の脂肪値が高いこと(高脂血症)。

第二に喫煙。 第三は高血圧。これらは毎日の食生活と生活習慣を見直すことにより予防できる。

(#^.^#)参考文献

医療学習レポート.狭心症


スポンサード・リンク