スポンサード・リンク

(*^_^*)脊柱側弯の話


(^0_0^)題名:脊柱側弯の話

前額面で脊柱が側方へ弯曲した状態を脊柱側弯という。機能的脊柱側弯と、構築的脊柱側弯を区別する。

●機能的脊柱側弯

脊柱の捻れや椎体の楔状変形など、椎骨自体の形状変化を伴わない単なる脊柱の側方弯曲を示した状態を総称する。これは側弯の原因となっている因子を解決すれば側弯は消失ないし軽減する。また臥位をとることによって重力を減じたり、身体を弯曲の凸側と反対方向に曲げると弯曲を矯正することができる。機能的脊柱側弯の代表的な病態として、疼痛性側弯や代償性側弯がある。

疼痛性側弯

腰椎椎間板ヘルニアにより疼痛が生じ、反射的、防御的に筋痙縮が起こって生じる状態で、主として腰椎に生じる。

代償性側弯

脚長差があったり、下肢の関節が不良肢位での拘縮が存在すると、やがて骨盤が側方へ傾くので、腰椎が代償性に側弯を示している状態をいう。脚長を補正すれば、側弯は矯正される。

 

●構築性脊柱側弯

本症のX線学的特徴は、主として単純X線写真前後像において、①自家矯正が完全にはできない側方弯曲の存在、②椎体の楔状変形、および、③椎体の凸側への捻れの存在である。これらは構築性側弯の必要3条件である。

立位で背部を観察すると、①側弯凸側背部の隆起がみられ、②凸側肩甲骨の突出、③ウエストラインの非対称性がみられる。①、②はほとんどすべての胸椎側弯でみられる。

この構築性脊柱側弯は様々な原因で起こるが、大多数は原因不明の特発性側彎症である。

 

原因と種類

●特発性側彎症

全側弯症の70~80%を占めており、日常臨床でもっともよくみられる構築性脊柱側弯である。発症年齢によって乳幼児側彎症、若年性側彎症、思春期側彎症の3型に分けられる。

①乳幼児側彎症

3歳以下の乳幼児に発症する。男児に多く、左凸側弯が多い。自然に緩解する場合があるが、急速に進行する群もある。

②若年性側彎症

3歳頃から小学校低学年ぐらいまでの間に発症する。性差はない。右胸椎側弯が多い。一般に急速進行する症例が多いので、注意を要する。

③思春期側彎症

10歳以上の思春期に発症する側彎症であり、もっとも多い。右凸胸椎側弯を示し、85%が女子である。進行様相は種々であるが、年齢が若くして発見された症例ほど進行しやすい。X線上、腸骨稜骨端核の癒合が明らかになれば、カーブの進行もほぼ停止する。しかし、成人になってもわずかに進行し、とくに妊娠によって再び増悪する症例もある。

 

●症候性側彎症

①神経筋側彎症

神経や筋疾患に伴って発生する。本症の特徴は、一般的に側弯進行が早く、成長終了後にも増悪することである。代表的原因疾患には、脳性麻痺、脊髄前角炎、脊髄空洞症、脊髄性筋萎縮症などがある。

②先天性側彎症

楔状椎、癒合椎、肋骨奇形など先天奇形に伴って発症する側弯である。

③神経線維腫症側弯

皮膚に多数のカフェオレ斑を伴い、neurofibromaを示す遺伝性疾患である。この種ん脊柱側弯症は急速かつ重度の変形を作りやすく、治療は難しい。

 

●間葉性側彎症

Marfan症候群は常染色体優生遺伝を示す弾性線維、膠原線維ん弛緩を伴い、高身長、くも指、脊柱側弯、水晶体脱臼、解離性大動脈瘤などを特徴とする重要な疾患である。Ehlers-Danlos症候群に伴って発生する側彎症もある。

(@_@;)参考文献

医療学習レポート.脊柱側弯


スポンサード・リンク