スポンサード・リンク

(^_-)心臓病とバチスタ手術の話


(^o^)題名:心臓病とバチスタ手術の話

心臓病の種類によって症状はかなり異なります。

拡張型心筋症は、心臓が拡張し十分な血液を送り出すことができなくなります。

そのため、胸痛、チアノーゼ、夜間発作性呼吸困難、尿量の減少、浮腫、血痰などの症状が生じます。

最初は血痰から生じると思います。

治療は、強心薬やβ遮断薬を飲みます。

また、補助人工心臓を置くこともできます。

酸素吸入を行いながら、最終的には、寝たきりになる傾向があります。

テレビなどでバチスタ手術が行われていますが、実際は成功率が低いです。

そして、バチスタ手術は必ずしも成功すれば生き残るということではありません。

 

※バチスタ手術

移植でしか助からない重い心筋症患者の心臓を切り縮め、心機能を改善する左室形成手術。臓器提供の不足が続くにもかかわらず、日本でも世界でも、思うほど普及していなかった。しかし、日本での地道な改良の結果、成績も向上し、世界の注目を集め始めた。

 

移植した場合、毎日薬を大量に飲むことが必要となります。

10年生存率は約50%以下となっています。

記録では、24年間住んでいたと書かれてもいます。

心臓病は、多くの種類もあり、症状としては個人差もあります。

症状が重い一部の人々は、心臓移植を適用する方法がありません。

胸が痛いということは、それが息ができない苦しそうという意味ではありません。

心臓が気になった場合、検索しようとすると、かなりの情報が出ています。

是非、気になる方は病院、循環器専門病院に行ってください。

(~_~;)参考文献

医療学習レポート.心臓病とバチスタ手術


スポンサード・リンク