スポンサード・リンク

(^_-)脳性麻痺の話


「脳性麻痺」の画像検索結果

(^0_0^)題名:脳性麻痺の話

受胎より周産期、新生児期までに生じた、中枢神経系の障害による運動を主とした障害が中心となり、これに付随し
た様々な症状が合併する。

脳の変性疾患など、進行性の疾患は除外する。

症状は遅れても、3歳くらいまでには顕著になる。

さらに成長に伴い二次的機能障害が現れてくる。

脳性麻痺はタイプにより様々な症状を呈し、随伴症状も多様であることが特徴である。

発達途上の脳に、非進行性の病変が生じ、結果として永続的な中枢性の運動障害をもたらした状態。

受胎から新生児期、生後4週間以内に受けた永続的な脳の病変により、運動のみならず、発達の全領域において未熟な状態にある。

脳病変は非進行性ではあるが臨床的には運動や姿勢は、特に成長期の学童期から青年期に変化することが多い。

多くの随伴症状が出現する。

これらの症状は、療育サービスを提供するときに大きな影響を与える。

脳に障害があると異常な姿勢筋緊張が出現する。

その姿勢筋緊張の強さなどに応じて、姿勢を保持する能力や運動機能、日常生活動作に制限が生じる。

感覚障害を伴う症例も数多く見られ、特に異常な感覚運動経験を繰り返すと慣習化し固定化する。

この状態を長期間続けると拘縮や変形を生じさせ、全身状態が悪化する。

痙性を伴う粗大運動や巧緻的動作では、過剰な努力を要求し円滑な動作を遂行し難くさせて、成就感や達成感が得られなくなる。

子供の身体的障害は、適切な親の関係を育てることを不利にさせる。

過保護に扱ったり、成人期でも予供扱いをして、自立した成人として成長することを親自身が無意識の内に阻むこともある。

「脳性麻痺」の画像検索結果

(^_-)参考文献

医療学習レポート.脳性麻痺


スポンサード・リンク