スポンサード・リンク

(~_~)4月8日月曜日の日記


(^o^)meal(^o^)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、台湾まぜそばとエビマヨおにぎりとランチパックを食べました。

晩ごはんは、鯖の味噌煮を食べました。

 

(^з^)-☆event(^з^)-☆

今日は子供の幼稚園初日です。

無事バスに乗っていくか心配しながら、自転車で出勤しました。

午前は、外回りを行い、午後は病棟を行いました。

夜間に赤ちゃんが夜泣きしているため、睡眠不足であり、日中眠たかったです。

家に帰宅すると、子供は元気そうでした。

幼稚園は緊張したようですが、明日も行ってくれそうです。

三輪車の調子がおかしいと言われて、見てみるとペダルのボルトが折れていました。

保証期限が6月までなので、メーカーに連絡しましょう。

ごはんを食べ一緒にお風呂へ入り、子供チャレンジをしました。

子供と一緒に勉強は楽しいですね。

 

(´・д・`)health(´・д・`)

寝不足ですが、お風呂に入るとスッキリしました。

 

(;´д`)study(;´д`)

今日は、ミカンとγ-GTPについて勉強しよう。

ミカンでγ-GTPを下げる方法です。

ミカンに豊富に含まれている「β-クリプトキサンチン」という成分が、アルコールが原因となる肝機能障害を抑える効果があると研究者に注目されています。

研究によるとビール大瓶を1日に1本飲み、さらにミカンを1日に2個以上食べる人のγ-GTPの数値は、お酒をほとんど飲まない人の数値とほぼ同じくらいのレベルだったそうです。

こうしたことから、γ-GTPを下げる方法としてミカンが注目されるようになりました。

γ-GTPは肝臓、小腸、膵臓、腎臓などに多く存在するタンパク質の分解酵素で、主に肝臓の解毒で作用します。

健康診断でγ-GTPを計るときは、GPTなどの肝機能の検査項目と一緒に血液検査で測定できます。

γ-GTPはGOTやGPTと同じように肝臓に疾患がある場合に値が上昇しますが、主にアルコールによる肝機能障害に敏感に反応します。

そのため、一時的に飲みすぎたあとでも高い数値が計測できますし、継続的なアルコールが原因である肝機能の低下でも反応します。

また、薬を長期間服用している場合も、γ-GTPの値が高くなることがあります。

γ-GTPの基準値は「0~50U/L」です。

以前の基準値は「16~73U/L」でしたが、2012年4月に変更されました。

 

(゜ロ゜;count(゜ロ゜;

日記20日目です。


スポンサード・リンク