スポンサード・リンク

(~_~)8月16日金曜日の日記

(–;)meal(–;)

朝ごはんは、トースト2枚とコーヒー牛乳を食べました。

昼ごはんは、パンとコーヒーを食べました。

晩ごはんは、チキンステーキを食べました。

 

(^_^ゞevent(^_^ゞ

台風は日本海へ抜けていきました。

朝の準備を済ませると、電動自転車にて出勤しました。

温い風があります。

午前は病棟で働き、午後は外回りをしました。

暑いですね。

今日は義父の検査結果があります。

自然な流れで知ろうと思います。

帰宅しても、その情報はありませんでした。

自然な流れで知ろうと思います。

子供達をお風呂へ入れて寝かしつけました。

私もゆっくり寝ました。

 

(~o~)health(~o~)

自然な流れで。

 

(。・_・。)ノstudy(。・_・。)ノ

今日は、有痛性分裂膝蓋骨について勉強しよう。

膝蓋骨は通常1個の骨化核から生じるが、ときに2個以上の骨化核があり癒合が妨げられると、X腺像で2個または数個に分裂した膝蓋骨を認めることがあります。

クラブ活動などでスポーツを続けている10歳台の男女に多くみられが、ときに成人にもみられます。

症状としては走行やジャンプ時に膝前面に疼痛を訴えるが、膝くずれはないです。

X線画像では大腿四頭筋の外側広筋の付着部である膝蓋骨の外上方に分裂骨片を認める例が最も多いです。

多くは分裂部に症状はなく治療の必要もないが、過度のスポーツ活動で分裂部に牽引力が反復して作用した場合には疼痛をきたすことがあります。

治療としては、スポーツ制限、膝蓋骨サポーターなどを使用し保存療法を原則とするが、疼痛が強い場合には分裂骨片を摘出したり、骨癒合の手術を行います。

予後は良好です。

膝蓋骨は膝関節前面を骨性に保護するとともに、膝伸展機構のなかで大腿四頭筋が最もよく作動するよう役割をはたしています。

大腿骨と膝蓋骨から形成される膝蓋大腿関節は、一種の平面関節です。

膝蓋骨は膝完全伸展位までの最後の30°で運動軸から離れていく四頭筋腱を保持するように作用して、膝の伸展効率を高めています。

この滑車の役割をする膝蓋骨が、正しい軌道上を安定した状態で滑走しなければ、Q角の異常を呈して、大腿四頭筋の筋力低下と同じように、膝くずれ現象が起こります。

膝蓋骨は膝関節前面を骨性に保護するとともに、膝伸展機構のなかで大腿四頭筋が最もよく作動するよう役割をはたしています。

大腿骨と膝蓋骨から形成される膝蓋大腿靭帯は、一種の平面関節です。

膝蓋骨は膝完全伸展位までの細大30°で運動軸から離れていく四頭筋腱を保持するように作用して、膝の伸展効率を高めています。

この滑車の役割をする膝蓋骨が、正しい軌道上を安定した状態で滑走しなければ、Q角の異常を呈して、大腿四頭筋の筋力低下と同じように、膝くずれの現象がおこります。

 

(^_-)count(^_-)

日記150日目です。

スポンサード・リンク