スポンサード・リンク

o(^o^)o正常血圧と反射機構の話

2017年3月15日 0

正常血圧を維持しようとする反射機構 動脈圧受容器による調節系――圧受容体反射 最も知られている動脈圧調節のための神経性機序は、圧受容体反射によるものである。基本的に、この反射は太い体循環動脈壁にある圧 […]

ヽ(^。^)ノ心臓と血管(冠状循環)の話

2017年2月15日 0

冠状循環(coronary circulation)は心臓を灌流する血管系である。 左右の冠状動脈は上行大動脈の基部[Valsalva(バルサルバ)洞]からおこり、心臓の表面で左右の2枝に分かれる。 […]

(;・∀・)心臓と機能の話

2017年2月11日 0

心拍数(heart rate : HR) 安静時は主として副交感神経の影響下にあり通常は60~80拍/分であるが、運動時は交感神経の活性亢進、副交感神経の活性低下および血中カテコールアミンの増加により […]

(* ̄∇ ̄)ノ血液ガスと換気の話

2017年1月21日 0

( `ー´)ノ題名:血液ガスと換気の話 動脈血ガス値には、呼吸機能障害の他に、循環や代謝障害に関する病態などの情報が種々含まれている。 ・動脈血炭酸ガス分圧 PaC02(動脈血炭酸ガス分圧)は40±5 […]

(≡^∇^≡)手根管の話

2016年7月21日 0

( *´艸`)題名:手根管の話 屈筋支帯と手根骨(大菱形骨・小菱形骨・有頭骨・有鈎骨・豆状骨)によって1つの管が形成されるが、これを手根管とよぶ。 手根管は中隔(大菱形骨に至る)によって橈側の小管と尺 […]

((+_+))心拍数と調節の話

2015年9月27日 0

(^_-)題名:心拍数と調節の話 次に HR の調節だが、これは神経性と内分泌性の調節を受ける。 神経性の調節はもちろん自律神経により、その中枢が延髄にある心臓中枢 cardiovascular ce […]

(*^▽^*)動脈の話

2015年8月29日 0

(~_~;)題名:動脈の話 ・大動脈 大動脈は左心室より始まる。まず上行して上行大動脈となり、ついで左後方に弓状に曲がって大動脈弓をつくる。次に、下行大動脈となって胸腔内で脊柱の左側を下り、横隔膜の大 […]

(^w^)リンパ球の話

2015年7月28日 0

(´・ω・`)題名:リンパ球の話 免疫に関係する細胞はリンパ球で、細胞免疫に関係するTリンパ球と、液性免疫に関係し免疫抗体を産生するBリンパ球-形質細胞が区別される。   Tリンパ球は移植免 […]

\(^o^)/血液成分の話

2015年7月26日 0

(^∇^)題名:血液成分の話 循環血液量は体重の1/13(約7%)である。 量であらわすと約5~6ℓである。 血液は全体の約45%が血球成分(赤血球・白血球・血小板)で約55%が血漿(フィブリノーゲン […]

(≧▽≦)内頸動脈と部分区間の話

2015年6月10日 0

(^ム^)題名:内頸動脈と部分区間の話 内頸動脈は4 つの部分区間に分けられる。 Ⅰ.頸部 この血管区は頸動脈分岐部に始まり、咽頭壁の後外側を迷走神経および内頸静脈と同行して外頭蓋底にまで走り、そこで […]

(*´ー`*)血圧とサプリメントの話

2015年6月9日 0

(--〆)題名:血圧とサプリメントの話 高血圧性か低血圧性かによって勧められるサプリがまったく違う。 例えば低血圧性の虚血気味心臓にアルギニンなんか投入したら逆効果で危険である。 でも心臓や血圧に問題 […]

(/。\)心電図の話

2015年4月26日 0

|д゚)題名:心電図の話 心電図(electrocardiogram;ECG) 心電図とは、心筋の脱分・再分極に伴う電位の変化を体表面で記録したものである。 ①心筋の脱分極・再分極 多くの心筋細胞は非 […]

(^ー^)不整脈の話

2015年1月20日 0

((+_+))題名:不整脈の話 不整脈とは正常な心拍動から逸脱した心筋の脱分極を意味し、心臓急死の原因となるものである。 ただし、ほとんど害のない不整脈も多く’、的確な診断と理にかなった治 […]

(ノ゚ω゚)ノ心音の話

2015年1月20日 0

(・.・;)題名:心音の話 ●Ⅰ音の話 収縮期の初めに聞こえる低く鈍い音で、房室弁の閉鎖、左心室から大動脈に大量の血液が流れたための大動脈壁の振動、心室筋が収縮開始したための振動などが原因と考えられる […]

(*^▽^*)骨と血管の話

2014年12月29日 0

(`ー´)ノ題名:骨と血管の話 長管骨の骨幹には2系統の血管分布がある。 1つは少数のやや太い動脈が栄養孔から緻密質を貫いて骨髄に達し、骨髄および海綿質に酸素と栄養を与えるとともに フォルクマン管に細 […]

(*^.^*)心拍数と自律神経の話

2014年11月10日 0

(@_@;)題名:心拍数と自律神経の話 心拍数は主として副交感神経の影響下にあり通常は60~80拍/分であるが、運動時は交換神経の活性亢進、副交感神経の活性低下および血中カテコールアミンの増加により運 […]

(^◇^)心臓の話

2014年11月5日 0

(#^.^#)題名:心臓の話 右心房 心臓の右側を占め、上方から上大静脈、下方から下大静脈が開き、下大静脈口の直上に冠状静脈洞口が開く。心房中隔の右心房面には卵円窩という浅いくぼみがみられるが、これは […]

(*^ー^)ノ♪内頸動脈の話

2014年9月6日 0

(^_-)題名:内頸動脈の話 内頸動脈は頭蓋底に達すると頸動脈管に入って上行し、鼓室の下で直角に前方に曲がり、破裂孔を通って蝶形骨体側面に達する。 そこから海綿静脈洞を斜め前方に進み、大きく屈曲して頸 […]

( 〃▽〃)心臓と心電図の話

2013年12月24日 0

(^_^メ)題名:心臓と心電図の話 心臓の構造 (1)心臓の位置と外形 心臓は、胸壁の胸骨と肋軟骨の後ろに位置し、握りこぶしほどの大きさがある。胸腔の中で、左右の肺にはさまれた縦隔に位置し、心膜に包ま […]

( ☆∀☆)血液の話

2013年11月9日 0

(´д`)題名:血液の話 血漿   水分(91%) (55%) 電解質(0.9%) 蛋白(7%)(アルブミン,グロブリン,繊維素など) 脂質(0.8%) 糖質(0.1%) その他(老廃物,微量物質) […]