スポンサード・リンク

(*^^*)深部感覚と解剖生理の話

2017年12月6日 0

深部感覚の位置 深部感覚は末梢神経の太い線維で伝えられ、脊髄後根から入って同側の後索を延髄まで上行する。   深部感覚の構造 深部知覚を認識するレセプターは筋紡錘や腱紡錘などで、認識された姿 […]

o(T□T)o聴覚器の話

2017年1月7日 0

(・.・;)題名:聴覚器の話 聴覚器は外耳、中耳、内耳に区別される。 ①外耳 軟骨性の耳介と外耳道がある。 ・外耳道…耳介から鼓膜に向かって緩やかにS字状に彎曲して走る。耳垢を作る腺があり、毛がわずか […]

(´・ω・`)感覚と大脳機能局在の話

2016年8月26日 0

(#^.^#)題名:感覚と大脳機能局在の話 前頭葉 ●中心溝から前の部分で、4、6、8野は運動機能に関係する。 ●4野は運動野で、ここにあるBetzの大錐体細胞に発する遠心性繊維は垂体路と呼ばれる。 […]

(@_@;)踵部と感覚の話

2015年10月29日 0

(・.・;)題名:踵部と感覚の話 末梢神経伝導速度は加齢による変化はないです。 下肢の反応時間は60歳から低下します。 振動覚においては70 歳から低下します。 大腿部の筋量は男性では50歳代、女性で […]

(*゜Q゜*)網膜の話

2015年10月9日 0

(=_=)題名:網膜の話 網膜に達した光は、杆状体と錐状体にある光感受性物質 (視物質)に作用して化学変化を起こすことにより、これらの細胞に受容器電位を起こす。 この電気的反応は活動電位を生じない ま […]

( TДT)網膜と構造の話

2015年8月20日 0

(^◇^)題名:網膜と構造の話 大まかに神経細胞層と視細胞層の2つに分けられる。 視細胞層…杆状体・錐状体(光を感知)がある。 杆状体は網膜の周辺部に認められる。様々な明るさの段階を識別、おおよその動 […]

(o≧▽゜)o味覚受容器の話

2015年8月8日 0

(=_=)題名:味覚受容器の話 味覚の受容器は囗腔内の味蕾であり、舌、口蓋、咽頭などに存在する。 味覚の適刺激は、物質の化学作用で、塩味、酸味、苦味、甘味の4つの基本味に分類される。 最近では、これら […]

(´Д`)耳と構造の話

2015年8月7日 0

(*゚▽゚*)題名:耳と構造の話 外耳:外界からの音を鼓膜まで伝える部分で耳介・外耳道からなる。 中耳:鼓膜、鼓室、耳管からなる。中耳には耳小骨(つち骨、きぬた骨、あぶみ骨)とよばれる骨があり、鼓膜の […]

v(^o^)耳の話

2015年6月27日 0

(--〆)題名:耳の話 耳は聴覚と前庭感覚としての機能を持つ。基本的な働きは音の振動や液体の動きのような物理的な力によって神経インパルスが生じ、最終的に音やバランスとして認識される。耳の解剖学的な領域 […]

(#^.^#)痛覚受容器の話

2015年6月25日 0

( *´艸`)題名:痛覚受容器の話 1.痛覚の受容器 皮膚の全ての領域と体内の多くの場所に分布。主として自由神経終末が感受。一般的に疼痛受容器には順応性がない。   2.疼痛発生 痛覚受容器 […]

(´∇`)眼の話

2015年6月5日 0

(^o^)題名:眼の話 眼球の前面には透明な角膜がある。 その後ろには水晶体があって、中心に開口すなわち瞳孔のある虹彩は水晶体の前に位置している。 眼球の後壁では視軸より少し内側寄りで、視神経が出てく […]

ヽ(・∀・)ノ前庭の話

2014年12月29日 0

m(_ _)m題名:前庭の話 前庭は内耳に属し、平衡覚に関する受容器がある。 前庭の膜迷路には、大きい卵形嚢と小さい球形嚢があり、これらは細い管によって結ばれている。これらの嚢の内面には平衡感覚を感受 […]

ヘ(≧▽≦ヘ)感覚受容器の話

2014年11月12日 0

(^ム^)題名:感覚受容器の話 マイスネル小体 触覚をつかさどる。真皮乳頭にあり、皮膚変位を検出する。順応は比較的はやい。 パチニ小体 皮下組織にあり、順応がはやく、高頻度の振動に対する感覚受容器であ […]

(*^_^*)前庭器官の話

2013年5月23日 0

(^0_0^)題名:前庭器官の話 耳石は聴覚ではなく、前庭器に存在する。 前庭器は球形嚢と卵形嚢からなる。 この内面に平衡斑という特殊な有毛細胞の集団があり、その感覚毛の上に平衡砂(耳石)が付着してい […]