スポンサード・リンク

(*^_^*)肝臓の話

2015年10月14日 0

(^J^)題名:肝臓の話 肝臓は属する腺の中で最大であるのみでなく、人体中の最大な腺である。   ・肝臓の位置と形状 主として右上腹部で横隔膜下面のくぼみにはまり、左方の小部分が正中線の左方 […]

(* ̄ー ̄)嚥下と過程の話

2015年10月7日 0

(^O^)題名:嚥下と過程の話 嚥下の過程は以下のとおりである。 先行期:認知期、または全口腔期ともいう。食物をそれと認め、口腔内へ運び入れるまでの時期である。 準備期:口腔準備期であり、口腔に入った […]

(*^ー^)ノ胆汁の話

2015年8月26日 0

(=_=)題名:胆汁の話 胆汁は肝臓で1日200~800ml分泌され(肝臓胆汁)、肝管を経て一時胆嚢に貯えられ(胆嚢胆汁)、胆嚢の収縮によって胆嚢管および総胆管を経て十二指腸内へ排出される。胆汁は消化 […]

(^^)d消化管運動の話

2015年8月13日 0

(‘ω’)ノ題名:消化管運動の話 消化管は摂取した食餌を輸送し、消化液と混和して消化を促進し、消化産物と粘膜面との接触を助けて吸収を促進するために種々の運動を行う。消化管の筋は […]

(。-∀-)ミカンとγ-GTPの話

2015年8月9日 0

|д゚)題名:ミカンとγ-GTPの話 ミカンでγ-GTPを下げる方法 ミカンに豊富に含まれている「β-クリプトキサンチン」という成分が、アルコールが 原因となる肝機能障害を抑える効果があると研究者に注 […]

(* ̄ー ̄)正常嚥下の話

2015年6月6日 0

( ^)o(^ )題名:正常嚥下の話 健常人では、複雑な協調運動のもとに一連して起こる咀嚼・嚥下運動を行うために、いくつもの動作を同時に並行して遂行している。 これにより人は種々の性状や大きさの食塊を […]

( ̄∇ ̄*)ゞ門脈循環障害の話

2015年5月15日 0

(^0_0^)題名:門脈循環障害の話 ●門脈 腹腔の消化管(胃、小腸、大腸、膵臓、胆嚢)と脾臓からの静脈血を集めて、肝臓に運ぶ静脈である。 門脈系統の特徴は肝臓内で再び毛細血管網に細分した後に、数条の […]

(^〇^)嚥下の話

2014年12月21日 0

(p_-)題名:嚥下の話 食塊や流動物は口腔、咽頭および食道の共同運動により胃に運ばれる。この一連の動作を嚥下という。嚥下は反射的に行われ、反射中枢は延髄、特に舌咽神経が関与する。嚥下は次の3相に分け […]

(*^.^*)胃液と生理の話

2014年12月15日 0

(/_;)題名:胃液と生理の話 胃は脳相・胃相・腸相に分けられる。 胃液分泌の脳相は、味覚・嗅角や口腔粘膜の刺激により迷走神経が働き食物が胃に入る前に胃液が分泌される。 胃液分泌の胃相は、食物が胃液に […]

(* ̄∇ ̄*)消化液と分泌機序の話

2014年12月2日 0

(p_-)題名:消化液と分泌機序の話 消化液の分泌機序 消化液には唾液、胃液、膵液、胆汁、腸液がある。分泌の機序には神経性機序と体液性機序がある。 ①神経性機序 消化管粘膜が直接刺激されることにより起 […]

(^◇^)肝臓の話

2014年10月21日 0

<(`^´)>題名:肝臓の話 肝臓の解剖学的の4葉区分(左、右、方形、尾状葉)はあくまでも外表面からの形態学的区分であり、肝内部における血管や胆管の分布流域区には相当しない。左葉は胃がある […]

(* ̄ー ̄)肝臓の話

2014年10月15日 0

(・_・;)題名:肝臓の話 肝臓(liver)は腹腔の右側で横隔膜の直下に位置する人体中最大の腺で、重量は男1、000~1,300g、 女900~1,000gで、体重の約1/50にあたる。胎児および新 […]

(。^。^。)胃と分泌機能の話

2014年9月22日 0

(>_<)題名:胃と分泌機能の話 消化時の分泌はその経過から、①脳相、②胃相、③腸相に分けられている。   ①脳相(頭相)・・・神経性調節による相で、迷走神経を介する反射的な分泌 […]

(#^.^#)小腸と大腸の話

2014年3月14日 0

(´Д` )題名:小腸と大腸の話 小腸について 多くの栄養素の消化と吸収は小腸で行われるため、その構造は吸収に適するように特殊化している。 長いだけでも消化と吸収の表面積は広くなるが、輪状ヒダ、絨毛、 […]

( ☆∀☆)胃の話

2014年1月22日 0

(^ω^)題名:胃の話 胃壁の筋層は他の消化管とことなり、縦走、輪走、斜走からなる。 このような筋線維の配列のおかげで胃はさまざまな方向に収縮でき、胃の充満程度に合わせて形を変えたり、粥状になった食物 […]

(;´_ゝ`)黄疸の話

2013年11月11日 0

(´;ω;`)題名:黄疸の話 黄疸は血中にビリルビンが過剰に蓄積し、皮膚・粘膜・眼球結膜に沈着して黄染する現象である。 肉眼的に黄疸が認められるようになるのは血中ビリルビン値が約3mg/dl以上に達し […]

(ノ_・,)胆汁とビリルビンの話

2013年11月11日 0

o(^▽^)o題名:胆汁とビリルビンの話 胆汁は肝細胞で産生され、一日500~1,000ml分泌されるが、夜間よりも昼間に、空腹時よりも食後に多く分泌される。主成分は胆汁酸とビリルビン(赤色)、ビリベ […]